トップ > お店 > 食べる > さらに詳しく 地域を選択

心和:オーガニックな米粉と食材で作った可愛らしいお菓子! 乳製品・卵・白砂糖・動物由来食材・小麦粉不乳用で子供に笑顔を!! (長野県上田市)

概要

マルシェで、米粉のお菓子「心和」さんのお店に行くと、優しそうな桂田直人さん・紀子さん兄妹がいて、その前に、可愛らしい焼き菓子がオシャレに並べられています。 » 続きを読む

土ノ市(ひじのいち)in 軽井沢発地市場:今そこにしか無いものを自分の足で探し、新しい出会いを見つける軽井沢ならではのマルシェ(軽井沢町)

概要

ひじのいち信州は軽井沢の新しい人気スポットになっているのが、道の駅のように楽しめる「農産物等直売施設・軽井沢発地市庭(ほっちいちば)」。そこで、6〜10月の毎月第一土曜日に定期開催されているのが軽井沢近郊のグルメとクラフトを集めたマルシェ「Brand New localization 土の市(ひじのいち)」です。 » 続きを読む

ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹:本格的なラーメン屋さんなのに、オムライス&クレープも美味しい! 店内禁煙でキッズスペースもあるママや女子に優しいお店(上田市腰越)

概要

ラーメンショップ丸子&ポマの樹上田市の丸子市街から国道152号線を武石方面に向かって、信号「武石口」の手前の左手に、「ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹」があります。

一見、普通のラーメン屋さんなんですが……、中に入ると、奥の座敷から、にぎやかな子どもの声が聞こえてきます。ご夫婦と小さなお子さん3人のファミリーが食事をしていました。

お父さんはラーメンショップの看板メニューの「ネギみそラーメン」、お母さんは「肉みそデミグラスオムライス」、男の子は「お子様ラーメンデザートセット」、女の子は「お子様ピラフ」、いちばん下の子はご持参の離乳食。 » 続きを読む

cafeぴろきち:ゆったりとしたくつろぎスペースで、パティシエの本格スイーツを味わう! ガレット&りんごのチキンカレーも評判(長野県坂城町)

概要

坂城町の国道18号線「谷川」の信号を、 上田方面から行くと左折し、少し行ったところにある「 さかきテクノセンター」の1Fに「cafeぴろきち」 さんがあります。お店に入ると、 大きなガラス張りの窓の向こうに、 のどかな田園と山並みの風景が広がっています。そして、 すぐ目の前には、しなの鉄道「テクノさかき」の駅が……。 いわゆる鉄ちゃん(鉄道ファン)にはたまらないかも!

窓から注ぐ陽射しで明るく広々とした店内には、 ゆったりとした間隔でソファーとテーブルがあって、 まるでサロンのよう。と~っても、くつろげます。 » 続きを読む

うつぎ屋/卯の花作業所:無添加の豆腐、味噌、油揚げにがんもどき! 国産丸大豆のしっかりとした味を楽しめる店(長野県小諸市)

概要

うつぎ屋うつぎ屋」さんは、小諸市にある“町のお豆腐屋さん”です。直売所やマルシェでその名を見かけたことがある方もいると思いますが、店舗は国道18号線から山側へ少し上った、実はアクセスも見晴らしも良い場所にあります。店内にはおなじみの木綿豆腐おむすび味噌のほか、おぼろ豆腐油揚げがんもどき厚揚げ豆乳おからと、大豆を使った製品が豊富に並んでいます。 » 続きを読む

山小路:五感で楽しむ古民家カフェ! 懐かしさ漂うアートな空間で自家米・野菜のおむすびランチ(長野県坂城町)

概要

IMG_0120坂城町の文化施設「文化の館」の近くにある、おばあちゃんの家を改修したという古民家カフェ「山小路(やまこうじ)」さん。通り門をくぐった奥にある建物の引き戸を開けると、月日の重みを醸す鴨居と板の間に、趣あるソファーと箪笥があるノスタルジックな空間に、ハンドドリップのコーヒーの香りが漂っています。 » 続きを読む

すずめカフェ:雄大な浅間山を眺めながらハンドドリップコーヒーでくつろぐウッディなおうちカフェ(長野県御代田町)

概要

R1058568御代田町の郊外、雑木林の通りの先にある「すずめカフェ」さんは、モダンな造りの“おうちカフェ”。靴を脱いで入った店内は、ウッディで落ち着きます。まずは、ゆったりとしたソファに身を委ねると、大きな窓越しに雄大な浅間山の風景が広がっていて、もう、それだけで日頃の疲れが癒されます。ハンドドリップコーヒーと毎日焼き立てで評判のレモンシフォンケーキ(450円)をいただいていると、時間がゆっくりと流れていきます。
「浅間山を眺めながら、時間を気にせず、美味しいコーヒーでくつろいでいただけたらという気持ちで作ったお店です」とオーナーの伊藤さんご夫妻。
3~4名の個室もあって、女子会やママ会、商談等、シーンに合わせての利用ができます。 » 続きを読む

農カフェわのん:のんびりした古民家カフェで味わう自家製の米&野菜を使った酵素玄米ベジランチ(長野県小諸市)

概要

わのん

小諸市郊外の住宅街にある築150年の古民家が「農カフェわのん」さんです。 » 続きを読む

Kirke kafe(シリケカフェ):心安らぐウッディな店内で風味豊かなノルウェーパンやオーガニック紅茶を(長野県小諸市)

概要

シリケカフェさんは、店隣のスペース改装のため、当分の間、水曜日と木曜日のみの営業(11:00~16:00)となります。
金曜日は予約のパンのお渡しのみ可能です。
7月の営業日:12・13・19・20・26・27日(予約パンお渡し:14・21・28日)

シリケカフェ

小諸市の郊外、佐久市に近い住宅街を少し迷いながら行くと、Kirke kafeシリケカフェさんがあります。Kirkeとは、ノルウェー語で“教会”のこと。淡い黄色の壁に少し赤みがかったレンガがポエティックで可愛い外観が北欧チックです。 » 続きを読む

ビストロ バロン カプリス(Bistro Baron Capricieux):素材の調和が織りなす豊かな味わいの本格的なフレンチ&クスクスが良心的価格で楽しめるビストロ(長野県御代田町)

概要

軽井沢の隣、信州・御代田町の、かりん通りと呼ばれる並木道通り沿いに、フレンチ・レストランビストロ バロン カプリス(Bistro Baron Capricieux)」があります。

ある冬の昼下がり、リーズナブルで美味しいと評判のランチをいただきにうかがいました。 » 続きを読む

てんしのけーき:コクがあるのに後味がライトなチーズケーキと、ふわモチっとしたシフォンケーキが、温もりと小さな幸せを届けます(長野県長野市)

概要

「“てんしのけーき”のチーズケーキ食べてみて!」と地元の友人たちに聞き、楽しみにしていたケーキ屋さん。信州は善光寺界隈、城山動物園からほど近い上松の住宅街の中に、ひっそりと佇んでいるとのこと。路地の看板に導かれてたどり着くと、オレンジ色の小さな可愛いお店がありました。

てんしのけーき」の主なメニューはチーズケーキ、シフォンケーキ、ショコラケーキ。そして信州の果物をたっぷり使った季節のタルトなどです。 » 続きを読む

ルヴァン信州上田店:多くの人に愛されてきた国産小麦・天然酵母パンの老舗。お店は趣ある古民家で、イートインのカフェはくつろぎの空間(長野県上田市)

概要

上田市の旧北国街道柳町。石畳の道、白壁黒瓦の古民家長屋が軒を連ねる一画に、国産小麦で天然酵母によるパン作りをしている「ルヴァン信州上田店」があります。
ルヴァンは、オーナーの甲田幹夫さんが1984年に東京・調布で創業し、2014年に30周年を迎えた天然酵母パンの先駆的存在で、これまで多くのファンに愛されてきました。平成元年、代々木八幡に富ヶ谷店がオープン。2004年に、甲田さんの故郷である長野県上田市に信州上田店が開店すると、地元の皆さんに親しまれ、また、わざわざ県外から足を運ぶ人たちなどで、連日にぎわっています。
ちなみにルヴァンとは、フランス語で「天然酵母」という意味です。 » 続きを読む

ゆるカフェ日和manaya:旬の食材を生かした優しく繊細な味わいのランチは、色も鮮やかな芸術的一皿! 和食の技を生かしたマクロビオティック&ビーガン料理(長野県松本市)

概要

松本市の国道19号線・野溝交差点から南西に少し行くと閑静な住宅地があります。その中に溶け込んでいる隠れ家的なお店が「ゆるカフェ日和manaya」さん。 うかがった時はちょうどランチタイム。お店の素敵なドアを開けると、やさしい笑顔で奥様の太田ひまりさんが迎えてくれました。 » 続きを読む

じみじみおやつ:組み合わせた食材と生地の旨みがハーモニーを奏でる焼き菓子と旬の味わいを楽しめる生菓子(長野県松川村)

概要

長野県松川村、西友松川店のそば、住宅街の中にある「じみじみおやつ」さんの自宅店舗兼工房におじゃましました。

住宅の入口に手作りの可愛らしい看板があり、庭に面したウッドデッキのあるお部屋がお店になっています。店主の藤丸邦子さんと夫の曜晶さんは、東京都西東京市から2013年5月に移住してきました。旅行で訪れた松川村のペンションに滞在したときに、そこで出会った人たちと、豊かな自然の中で育った食材に魅せられ、ここでお菓子を作りたいと、突然ひらめいたんだそうです。 » 続きを読む

cafe風香:天然の香りでさまざま効能の中国茶&素朴なスイーツ、玄米ごはん&無農薬野菜のランチでくつろぎの時間(長野県佐久市)

概要

佐久市中込の市役所近くに、香り豊かな中国茶や、玄米ごはんと無農薬野菜を使ったからだにやさしいお食事&スイーツをいただける「cafe風香」さんがあります。
旅行が趣味というオーナーの福士ご夫妻は、全国47都道府県すべてを訪れ、その素晴らしい風景や食べ物に触れているうちに、都心の生活からスローライフへシフトしたいと考えるようになり、佐久へ移住してきました。 » 続きを読む