トップ > お店 > さらに詳しく 地域を選択

リラクオーレにご参加いただいている皆さんのご紹介です

リラクオーレの合言葉は『あしたへ続く、心豊かな暮らし方』を信州から。
そんな社会へ向けたそれぞれの興味深い取り組みをのぞいてみて下さいね!


ごはんやハレノヒ。:野菜・玄米・豆・雑穀……、体にやさしい、ゆるやかなマクロビオティックは、彩り鮮やかで味わいが楽しい(長野県佐久市)

概要

佐久平駅から国道141号線を南下、ヤマダ電機の信号を左折してすぐにある多目的ホール「なんだ館」の1Fに「ごはんやハレノヒ。」さんがあります。
店内は白壁が明るく、ウッディなテーブルやイスでナチュラル感いっぱい。天井が吹き抜けなので、とても開放感があります。壁には、小枝や蔓、花などが可愛らしくあしらわれていて、心が和みます。 » 続きを読む

Localbench ローカルベンチ:古くからのフランス製法で焼いた信州産小麦の風味がいきるパンは、吸収しやすく体に優しい!(長野県東御市)

概要

東御市の滋野駅の近く、家々が集まる集落の中に「Localbench (ローカルベンチ)」さんがあります。

イタリアの田舎町にあるパン屋さんを思わせる可愛らしいお店で、信州産の小麦と古くから受け継がれてきたフランス製法を用いたパンを焼いています。 » 続きを読む

cafeぴろきち:ゆったりとしたくつろぎスペースで、パティシエの本格スイーツを味わう! そば粉のガレットなどのランチも評判(長野県坂城町)

概要

坂城町の国道18号線「谷川」の信号を、 上田方面から行くと左折し、少し行ったところにある「 さかきテクノセンター」の1Fに「cafe(カフェ)ぴろきち」 さんがあります。お店に入ると、 大きなガラス張りの窓の向こうに、 のどかな田園と山並みの風景が広がっています。そして、 すぐ目の前には、しなの鉄道「テクノさかき」の駅が……。 鉄道ファンにはたまらないかも!
窓から注ぐ陽射しで明るく広々とした店内には、 ゆったりとした間隔でソファーとテーブルがあって、 まるでサロンのよう。と~っても、くつろげます。 » 続きを読む

Kirke kafe(シリケカフェ):心安らぐウッディな店内で風味豊かなノルウェーパンやオーガニック紅茶を(長野県小諸市)

概要
Kirke kafe(シリケカフェ)さんは、2018年2月15日をもって、一時休業されています。
 いまから約4年前に、ちいちゃくはじまったシリケカフェ。きがついたら、たくさんの皆さまに、こんなにも愛していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!私たちは一旦ここを離れますが、きっとこの場所は、たくさんの恵みをうけて、ひととひととが出会い、つながって、疲れたひとが癒される場所になっていくと信じています。
本当に感謝です。ありがとうございました。

シリケカフェ

今後のシリケカフェさんのお知らせ等がありましたら、リラクオーレでも発信いたします。

シリケカフェ

小諸市の郊外、佐久市に近い住宅街を少し迷いながら行くと、Kirke kafeシリケカフェさんがあります。Kirkeとは、ノルウェー語で“教会”のこと。淡い黄色の壁に少し赤みがかったレンガがポエティックで可愛い外観が北欧チックです。 » 続きを読む

らぁ麺こむぎ:無化調だから優しい味わいの中にふくよかな旨味を感じるワクワクする魅力のラーメン(長野県上田市)

概要

らぁ麺こむぎ上田市街地から国道144号線を上田菅平インターチェンジに向かい、「長島」の信号の1本手前の道を左に入った住宅街にある、一見は普通の民家が「らぁ麺こむぎ」さん。店内はカウンター席のみ9席ほどです。 » 続きを読む

上田女子短期大学附属幼稚園:園内の裏山での自然保育、満足感を促すアート活動、園を離れた地域活動などで、感性と自己実現力と故郷への愛着を育てる(長野県上田市)

概要

上田市の郊外、塩田平の一画、長野大学もある文教地区に「上田女子短期大学附属幼稚園」があります。朝、幼稚園を訪れ、広い園庭に立つと、園舎の裏側から子どもたちのはしゃぎ声が聞こえてきます。

行ってみると、そこは、なんと山! 手をつないで走り回ったり、タイヤブランコに乗ったり、なかには、上のほうから坂道を勢いよく駆け下りてくる子どもたちもいます。

そして、そのかたわらには、草の中をゴソゴソ探る子が……。手には虫カゴを持っています。そう、その子のお目当てはバッタ。園では、園児一人一人に虫カゴを手渡しているんです。目をキラキラさせてバッタを追いかけています。 » 続きを読む

しあわせおやつ。yukiiro (ゆきいろ): 動物性食材や白砂糖を使わない、マクロビオティックにならった素材の味が生きる優しい味(長野県佐久市)

概要

上田市にある「ベーグル屋ハル」さんのお店に向かいました。 » 続きを読む

ベーグル屋ハル:広がる小麦の香りと低温発酵によるなめらかな食感。植物性オーガニック食材厳選だから安全でおいしい(長野県上田市)

概要

盛り合わせ

上田市の海野町商店街の東寄りに、白壁にウッディなドア、瀟洒な外観のお店があります。ここが、天然酵母ベーグルとナチュラルスイーツの店「ベーグル屋ハルさん。白を基調に木を所々にあしらった店内も、明るくさわやかな印象です。

» 続きを読む

ガラス工房 橙 & 橙カフェ:心が鎮まる淡い緑色の「くるみガラス」とレトロな家具が落ち着く古民家カフェ(長野県東御市)

概要

東御市にある海野宿は、江戸時代に栄えた北国街道の宿場町。防火壁である卯建(うだつ)と海野格子が美しい古い街並みが残っています。そんな海野宿の中ほどにあるのが、吹きガラスの工房&ショップ「ガラス工房 橙(だいだい)」さん。お店に入ると、窓から差し込む陽の光に色とりどりの器が輝き、まるで宝石箱のよう。窓の格子越しにのぞく建物の白壁とのコントラストが素敵です。 » 続きを読む

古本カフェ「のらっぽ」:築160年の古民家の店内に並ぶ約2,600冊のアートな本が圧巻! お気に入りの本を探しながらカフェで過ごすくつろぎの時間(長野県東御市)

概要

東御市の海野宿の中ほどに、『古本カフェ「のらっぽ」』があります。元は質屋さんだったという築160年の古民家を改装した店内は、漆喰壁の白と梁や天井板の黒とのコントラストが印象的です。そして、畳の部屋に並ぶ約2,600冊の本が圧巻! 土間には喫茶用のテーブルが用意されています。購入したい本を探すもよし、ゆっくり本を読んでもよし、珈琲を飲んでくつろぐもよし、それぞれに過ごすことができます。 » 続きを読む

ベルコーヒー:地域の生活にとけこむ創業50周年の老舗。6種類のスタンダードな生豆を配合したブレンドは、酸味と苦味がほどよいバランス(長野県小諸市)

概要

自家焙煎珈琲ベルコーヒー小諸駅から駅前商店街を進み、「ろうきん」のある交差点を左折して間もなく行くと、レンガの壁がレトロな「自家焙煎珈琲ベルコーヒー」さんがあります。店内に入ると、そこは、まさにザ・昭和! どーんと中央にある10席ほどのカウンター席が特徴的です。 » 続きを読む

山小路:五感で楽しむ古民家カフェ! 懐かしさ漂うアートな空間で、ハンドドリップのコーヒーの香りと趣ある器を味わう(長野県坂城町)

概要

IMG_0120坂城町の文化施設「文化の館」の近くにある、おばあちゃんの家を改修したという古民家カフェ「山小路(やまこうじ)」さん。 » 続きを読む

ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹:本格的なラーメン屋さんなのに、オムライス&クレープも美味しい! 店内禁煙でキッズスペースもあるママや女子に優しいお店(上田市腰越)

概要

ラーメンショップ丸子&ポマの樹上田市の丸子市街から国道152号線を武石方面に向かって、信号「武石口」の手前の左手に、「ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹」があります。

一見、普通のラーメン屋さんなんですが……、中に入ると、奥の座敷から、にぎやかな子どもの声が聞こえてきます。ご夫婦と小さなお子さん3人のファミリーが食事をしていました。

お父さんはラーメンショップの看板メニューの「ネギみそラーメン」、お母さんは「肉みそデミグラスオムライス」、男の子は「お子様ラーメンデザートセット」、女の子は「お子様ピラフ」、いちばん下の子はご持参の離乳食。 » 続きを読む

土ノ市(ひじのいち)in 軽井沢発地市場:今そこにしか無いものを自分の足で探し、新しい出会いを見つける軽井沢ならではのマルシェ(軽井沢町)

概要

ひじのいち信州は軽井沢の新しい人気スポットになっているのが、道の駅のように楽しめる「農産物等直売施設・軽井沢発地市庭(ほっちいちば)」。そこで、6〜10月の毎月第一土曜日に定期開催されているのが軽井沢近郊のグルメとクラフトを集めたマルシェ「Brand New localization 土の市(ひじのいち)」です。 » 続きを読む

てんしのけーき:コクがあるのに後味がライトなチーズケーキと、ふわモチっとしたシフォンケーキが、温もりと小さな幸せを届けます(長野県長野市)

概要

「“てんしのけーき”のチーズケーキ食べてみて!」と地元の友人たちに聞き、楽しみにしていたケーキ屋さん。信州は善光寺界隈、城山動物園からほど近い上松の住宅街の中に、ひっそりと佇んでいるとのこと。路地の看板に導かれてたどり着くと、オレンジ色の小さな可愛いお店がありました。

てんしのけーき」の主なメニューはチーズケーキ、シフォンケーキ、ショコラケーキ。そして信州の果物をたっぷり使った季節のタルトなどです。 » 続きを読む