トップ > お店 > 感じる > さらに詳しく 地域を選択

Kirke kafe(シリケカフェ):心安らぐウッディな店内で風味豊かなノルウェーパンやオーガニック紅茶を(長野県小諸市)

概要
Kirke kafe(シリケカフェ)さんは、2018年2月15日をもって、一時休業されています。
 いまから約4年前に、ちいちゃくはじまったシリケカフェ。きがついたら、たくさんの皆さまに、こんなにも愛していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!私たちは一旦ここを離れますが、きっとこの場所は、たくさんの恵みをうけて、ひととひととが出会い、つながって、疲れたひとが癒される場所になっていくと信じています。
本当に感謝です。ありがとうございました。

シリケカフェ

今後のシリケカフェさんのお知らせ等がありましたら、リラクオーレでも発信いたします。

シリケカフェ

小諸市の郊外、佐久市に近い住宅街を少し迷いながら行くと、Kirke kafeシリケカフェさんがあります。Kirkeとは、ノルウェー語で“教会”のこと。淡い黄色の壁に少し赤みがかったレンガがポエティックで可愛い外観が北欧チックです。 » 続きを読む

しあわせおやつ。yukiiro (ゆきいろ): 動物性食材や白砂糖を使わない、マクロビオティックにならった素材の味が生きる優しい味(長野県佐久市)

概要

上田市にある「ベーグル屋ハル」さんのお店に向かいました。 » 続きを読む

てしごとどうや:着物からリメイクした服飾品や小物の製作。天然素材の絹は冷え取りにも効果的。「かふぇどうや」オープン!(長野県東御市)

概要

東御市にある「かふぇどうや」さんにうかがいました。古い民家を利用した店内は、ネジ巻き式の柱時計が昭和レトロを醸し出していて、とっても落ち着きます。
ここは、「てしごと どうや」の森尻恵美さんが手がけているリサイクル着物&リメイク着物の相談・販売、循環農法&冷え取りについての情報発信をするアンテナショップで、美味しいお茶と自家製のお漬物をふるまってくれます。 » 続きを読む

ベルコーヒー:地域の生活にとけこむ創業50周年の老舗。6種類のスタンダードな生豆を配合したブレンドは、酸味と苦味がほどよいバランス(長野県小諸市)

概要

自家焙煎珈琲ベルコーヒー小諸駅から駅前商店街を進み、「ろうきん」のある交差点を左折して間もなく行くと、レンガの壁がレトロな「自家焙煎珈琲ベルコーヒー」さんがあります。店内に入ると、そこは、まさにザ・昭和! どーんと中央にある10席ほどのカウンター席が特徴的です。 » 続きを読む

ひしの直売所 : 食べてびっくり!ピーマンでも、ししとうでもない、小諸菱平の伝統野菜「ひしの南蛮」。(長野県小諸市)

概要

最近のスーパーで野菜を見ても、その姿かたちはだいたい決まっています。でも昔は大根ひとつとっても、きゅうりにしてもその土地土地にあった、大きさも味もそれぞれ個性ある野菜が存在していたというのですから驚きです。

そんな伝統野菜のひとつ、ひしの南蛮を紹介したいと思います。

» 続きを読む

ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹:本格的なラーメン屋さんなのに、オムライス&クレープも美味しい! 店内禁煙でキッズスペースもあるママや女子に優しいお店(上田市腰越)

概要

ラーメンショップ丸子&ポマの樹上田市の丸子市街から国道152号線を武石方面に向かって、信号「武石口」の手前の左手に、「ラーメンショップ丸子&小さなポマの樹」があります。

一見、普通のラーメン屋さんなんですが……、中に入ると、奥の座敷から、にぎやかな子どもの声が聞こえてきます。ご夫婦と小さなお子さん3人のファミリーが食事をしていました。

お父さんはラーメンショップの看板メニューの「ネギみそラーメン」、お母さんは「肉みそデミグラスオムライス」、男の子は「お子様ラーメンデザートセット」、女の子は「お子様ピラフ」、いちばん下の子はご持参の離乳食。 » 続きを読む

ネリネ~心の旅の部屋~:インナーチャイルドと向き合うことで、過去のトラウマを解放し、心と身体を癒すヒーリング手法ジャーニー(長野県佐久市)

概要

自己治癒力を取り戻し、心と身体を癒すという「ジャーニー」。創始者ブランドン・ベイズ女史によってアメリカで始められたヒーリングや自己成長の手法の一つであるジャーニーの体験取材にうかがいました。 » 続きを読む

手作り工房ふくろうの森:カラフルな針刺しやアクリルたわしなどの雑貨で毎日を楽しく、土に還る自然素材とリメイクで環境に優しい作品は、ナチュラルであたたかい(長野県御代田町)

概要

御代田町の山裾に、立派な丸太で作られたログハウスがあります。ハンドメイド作家・小林貴子さんの自宅兼工房で、夜には、ふくろうの鳴き声が聞こえてくるそうです。 » 続きを読む

NPO法人シャイン:ヘルパーがマンツーマンで、一人一人に合ったサービスを提供する障害児・者施設。温かい眼差しと優しい声がけが印象的(長野県上田市)

概要

大屋駅の西、千曲川沿いにある上田養護学校。その隣にあるNPO法人「シャイン」さんの夏休みの一日におじゃましました。
この日は、子どもたちが楽しみにしていた夏の恒例そうめん流し! 職員は肩にタオルをかけながら、半分に割った竹筒に水とそうめんを流し、子どもたちはワイワイと流れてくるそうめんをお箸で一生懸命につかんで食べていました。上手くつかめずになかなか食べられない子もいれば、コツをつかんでどんどんとほおばる子もいて、実に楽しそうな光景でした。きっと楽しい夏の思い出の一日になったことでしょう。 » 続きを読む

未来の学校フェルマータ:「遊び⇔学び」! ユニークな企画を通じて知的好奇心とクリエイティビティのスイッチを押す!! 挑戦と探求のワンダーランド(長野県上田市)

概要

上田市街地の北の住宅街に「未来の学校フェルマータ」があります。白い壁の可愛らしい教室は、大きな赤松などの木々や草花の緑に囲まれた静かな環境にあり、何かゆったりとして、自然と何かに挑戦しようという大いなる気持ちを呼び覚ましてくれそうな気になります。 » 続きを読む

工房恵福:とっても貴重なニホンミツバチのハチミツ「百花蜜」の繊細で自然な甘みは、まさに夢心地。ビタミンやミネラルも豊富で健康的(長野県上田市)

概要
  1. ティースプーンを取り出してハチミツをすくい、垂れこぼれないように注意しながら、ぺろーり、きれいになめとると口の中に優しく繊細な甘みが伸びやかにじんわり広がっていきます。夢心地の甘みをゆっくり味わうと今度はさらりとさわやかな後味が広がります。べっこう色の深い色合いを光にかざすと黄金色に輝くこのハチミツは「にほんみつばちの百花蜜 百花momoka」(100g/1,500円)です。 » 続きを読む

夢ハウス:民宿あずさ号、そば打ち、手作り靴のコミュニケーション空間(長野県上田市)

概要

夢ハウスさんは、元気になれる宿泊&体験空間。店内に入ると、いきなり目に飛び込んでくるのが特急「あずさ号」183系。かつてJR中央東線を走っていた本物の電車まるまる1両が、そこにあるのです。

そのあずさ号の中には畳が敷かれていて、宿泊することができます。また、そば打ちなどの体験もできます。もちろん体験なしでの、美味しい十割そばの提供もしていて、上田名物「おてしょそば」が評判です。

» 続きを読む

そら音:千曲川の清流を望むテラス席が心地よいカフェ & 家族で友達でゆっくりゲストハウス & いろいろな使い方レンタルスペース = 人が集まる場所(長野県佐久穂町)

概要

カフェ「そら音」

佐久市街から国道141号線を佐久穂町に入り、「高野町」の交差点を左折した住宅街の中、千曲川のほとりに2017年6月にオープンしたカフェ「そら音」さんがあります。 » 続きを読む

クラフトギャラリー Art in Craft(アート・イン・クラフト):陶器、版画、ドローイング、竹紙、雑貨手芸作品による生活と空間の演出(長野県東御市)

概要

田中駅南口の信号から明神館に向かって県道を登りきり、御牧台地をしばらく走って右側に入った勘六山と呼ばれる小高い丘の上、木立の中の一画にあるナチュラルなログハウスがArt In Craftアート・イン・クラフト)さんです。

ギャラリーのポーチからは、遠くに浅間山、眼下に千曲川を望む素晴らしい眺めを堪能できます。 » 続きを読む

森のようちえん ちいろば:畑・土・大地・農作物とのふれあいから生まれる瑞々しい感性。自然は、子どもたちの心と健康を育み、創造性を伸ばす最高の子育て幼児教育環境(長野県佐久穂町)

概要

長野県佐久穂町。国道141号線の「清水町」交差点を八千穂高原方面に曲がり、通称メルヘン街道を進むこと5分。左手に、昔なつかしい小さな木造校舎が見えてきます。ここが「森のようちえん ちいろば」の園舎です。かつては、地元の子どもたちが冬の学び舎として使用していた分校。歴史の重みを感じる板壁の風合いは、同時に、大いなる温もりを感じます。

10時に園を訪ねると、ちょうど、朝の会を終えた子どもたちが、外に出てきたところで、園長の内保亘さんと、奥様のひとみさんが、ニコニコ笑顔で出迎えてくれました。 » 続きを読む