トップ >

hitokiyo bakery(ヒトキトベーカリー):体にやさしい食材と国産小麦で、人や自然とのつながりを大切に作られる自家製酵母のパンは子供から大人まで楽しめる!(長野県小諸市)

更新: / 公開: 2020年2月27日 / 文責:

浅間サンラインを上田から軽井沢方面に進み、小諸市「新家」の信号を左折。700メートルほど緩やかな坂を上った右手の角に、古民家の一部を改修したヒトキトベーカリーさんがあります。明るい茶色の引き戸が目印です。「いらっしゃいませ」という声に続いて、奥のパン工房から顔を出したのが、店主の竹内優海さん。一つひとつのパンについて、酵母は何か、素材は何かとあれこれ聞く私に、丁寧に説明してくださいました。


多くのパンが並ぶ店内

大きなカンパーニュ、ドライフルーツやナッツを使ったハード系のパン、ベーグル、メロンパンやクリームパンなどのソフト系のパン、横を見ればスコーンあり、角食あり、キッシュありと、少量ながら多種類のパンが並んでいます。これらはすべて、自家製酵母と国産小麦で作られたもの。さらに、粗精糖、グラスフェッド無塩バター、オーガニックドライフルーツ、成分無調整豆乳など、小さな子どもでも安心して食べられる素材を基本にしています

「私も子どもが3人いて、その子どもが安心して食べられるものを……というのが、今のパン作りの原点です。“どのパンも体にやさしくて、おいしい!”って思ってもらえるように頑張っています。子どもさんが好きなものから、大人の方にちょっと“おっ?”って思ってもらえるものまで、幅広いお客様にお届けしたいですね。」(優海さん)    


人気のベーグル

なかでも人気なのが、ベーグル各種です。プレーンをはじめ、クリームチーズやピールを使った甘いものからハーブソルトをまぶした塩気のあるものまで、日によって3~5種類用意しています。全種類のベーグルを1つずつ買っていく方や、毎回ベーグルだけ買っていく方もいらっしゃるとか。私も基本の「プレーンベーグル」をいただきましたが、ベーグル好きが求めるモチモチとした食感は期待した通り。酸味は控えめで、ふわっと漂う酵母の香りが粗精糖のほんのりとした甘みを引き立てています。さらに、半分はトースターで焼き、半分はせいろで蒸してみることに。焼くと外側がパリッとしてパンらしい香ばしさが楽しめ、蒸すと蒸しパンのようにモッチリしておやつ感覚で食べられるので、ベーグルの種類や好みで温め方を変えても良さそうです。


はちみつくるみゴルゴンゾーラ

次にいただいたのは、全粒粉入りのフランスパン生地にゴルゴンゾーラチーズを巻き込んだ「はちみつくるみゴルゴンゾーラ」。チーズの塩気をはちみつの甘みがやわらげる、最高の組み合わせです。ハード系のパン生地とくるみのパリッ、カリッという歯ごたえも良く、味、香り、歯ごたえの3点を存分に楽しめます。なので、ワインのお供にもピッタリ!  最近、増えてきている小諸市のワイナリーを紹介するイベントで販売した際も大評判だったそうです。


可愛らしい店舗

優海さんが自家製酵母のパンを作り始めて16年以上になります。神奈川県でインターネット関係の仕事をしながら、パン好きが高じて趣味でパン作りを続け、自家製酵母パンの小さな教室を開いていたこともありました。結婚、さらには出産を経て、優海さんもご主人も食に対する意識が高まり、オーガニックの食材をより多く選ぶようになります。ヒトキトベーカリーさんの「素材へのこだわり」の原点です。

「あるとき夫から“無農薬・無肥料の自然栽培を学ぶために石川に移住したい”と言われました。私は新潟の自然の中で育って、子育てするなら田舎が良いと思っていたので、家族で石川に移住することに。移住先では、友人に頼まれてパンを販売したり、イベントに出店したりする機会に恵まれました。そうしているうちに、“自分たちで小麦を作りたいね”っていう話になったんです」(優海さん)


小麦の自家製栽培を目指して

より小麦の生産に適した気候で、かつ自然環境や子育て環境が良い場所を探すなかで、たどり着いたのが小諸市でした。同時にパン工房と店舗を構え、2019年7月24日にヒトキトベーカリーをオープン。新鮮でおいしいもののことを表す「きときと」という北陸の言葉の響きに、人(ヒト)と気持ち、人(ヒト)と樹と(キト)と自然など、そういったものが丸くつながっていったらいいな〜、そんな思いを込めて、「ヒトキトベーカリー」という店名にしたそうです。


パンドーロ

ご自分のお子さんからリクエストされたクリスマスのパン「パンドーロ」、近所の果樹園さんの紅玉と豆乳のカスタードが入った「アップルカスタード」などなど……。これらのラインアップが、人とのつながり、地域とのつながり、季節とのつながりを大切にする優海さんの生き方を表しているように思えます。

現在の営業日は水曜日と土曜日の週2日。Instagramやfacebookに販売するパンの種類が掲載されるうえ、前日朝までであれば取り置きの予約も受け付けています。マルシェ、市役所、商工会議所などで販売する場合も、そのつど情報発信していますので、チェックしてみてくださいね。2019年の秋には早速小麦を蒔いたそうです。自家製の小麦で作ったパンが店頭に並ぶ日が楽しみです。

お店からヒトコト
自家栽培小麦を使うだけでなく、野菜ももっと増やしていきたい、養鶏もやってみたいと、夢がふくらんでいます。近隣の方々とも、いろいろ協力していけたら楽しそうです。これまでにも、夫が作った自然栽培の野菜や、近所の農家さんや果樹園さんの食材を使ったパンをいくつか作ってきました。オーガニックなものを各地から集めるだけではなくて、生産者さんの顔が見えるものや、地域で作られたものも大事にして、この地域で協力し合う輪が広がっていったらいいなって思っています。オープンして半年なのでまだまだこれからですが、よろしくお願いいたします。

店主・竹内優海
Tel 080-5363-7218
住所 長野県小諸市滋野甲4162-ロ号-71
営業時間 11:00~16:00頃まで(売り切れ次第閉店)​
営業日 水・土曜
webサイト Instagram