トップ >

珈琲焙煎工房 豆玄:「雑味のなさ」と「甘味、旨味」を組み合わせて、スッキリとした飲みやすいコーヒーを提供する自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店(長野県御代田町)

公開: / 文責:

御代田町と佐久市を結ぶ「かりん道路」の信号「御代田駅入口」を佐久市方面に向かった左手に、自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店珈琲焙煎工房 豆玄」があります。
シンプルな中にウッディな設えを取り入れたスタイリッシュな店内は、広く開放的で、大きな窓からは浅間山の雄大な姿を見ることができます。

店の奥にはドーンと大きな珈琲豆焙煎機があり、入口付近には、ガラスポットに入った珈琲豆がズラリと並んでいて、数種類のブレンドや産地と焙煎度合いを変えたストレートコーヒーが14種類ほど用意されています。

私は、どちらかというと酸味のあるフルーティな味わいが好みなので、前回は、『ペルー・浅煎り』をいただいたのですが、今回、オーナーの山本玄(たかし)さんから「たまには、真逆なのも、どうですか?」と『パプアニューギニア・極深煎り』を勧められたので、飲んでみました。確かに苦味とコクがありドッシリしています。が、どこかスッキリしているので、とても飲みやすく感じました。

スッキリしているのは「雑味」がないからだと思います。雑味の大きな原因は焙煎の他、カビが生えていたり、虫が食っていたりする「欠点豆」なんですが、栽培・収穫・選別・輸送・保管といったすべての段階で品質の高さを国際的に評価されたスペシャルティコーヒーを使っているので、それが少ないんです。また、コーヒー豆の持つ旨味と甘味が最大限現れてくるような焙煎を心がけていて、その「甘さや旨味」と「雑味のなさ」が組み合わさることで、スッキリした飲みやすいコーヒーになるんです。(山本さん)

《メニュー》
珈琲豆販売 100g〜、イートイン(ケーキ有り)
〈ブレンド〉
◎豆玄ブレンド:酸味と苦味のバランスの中間、だれでも飲みやすいコーヒーを目指したブレンド
◎ミディアムブレンド:コロンビアの中煎りをベースにほのかな酸味と甘味を感じるブレンド
◎ビターブレンド:インドネシア(マンデリン)深煎りの風味を生かしコクを楽しめるブレンド
◎季節のブレンド
:グァテマラ の中煎りをベースに少し酸味の効いたブレンド
:エチオピアの浅煎りをベースに酸味をしっかり効かせたブレンド
:グァテマラの中深煎りをベースに苦味と甘味、さらに葡萄を感じるブレンド
冬:極深煎りをベースに苦味とコクをしっかり感じるブレンド
〈ストレート〉
◎エチオピア(浅煎り・中深煎り)
◎ペルー(浅煎り・中深煎り)
◎ニカラグア(中煎り)
◎ケニア(中煎り・深煎り)
◎コロンビア(中煎り・深煎り)
◎グァテマラ(中煎り・中深煎り)
◎インドネシア(深煎り)
カフェインレス(深煎り)
◎パプアニューギニア(極深煎り)

◆ホームページ → コチラ
◆オンラインショップ → コチラ

珈琲焙煎工房 豆玄
  • 【住所】
    • 長野県御代田町馬瀬口460-7
  • 【営業時間】
    • 10:30〜18:00
  • 【定休日】
    • 火曜・水曜
  • 【電話】
    • 0267-41-6499