トップ >

【特集】新たに参加していただいた「リラクオーレな人々」をご紹介いたします!2012年冬版

更新: / 公開: 2012年2月8日 ( ※ 古い情報です ) / 文責:

2011年8月から2012年2月までにリラクオーレに参加して頂いた方々のご紹介です。今回は個性的な女性作家さんがたくさん参加されていますので、ぜひ覗いてみてくださいね!

松尾町フードサロン:安全安心の地元農産物・お弁当・惣菜、パン・菓子、加工品……。作り手の夢もかなえる食のコミュニティスペース(長野県上田市)

松尾町フードサロン

上田市の松尾町商店街の中ほど、三井住友銀行向かいに食のコミュニティスペース「松尾町フードサロン」があります。

1Fには、地元の直売農産物、地元食材を使ったお弁当・惣菜、地域で評判のパンや菓子、味噌やジュース・ジャムなどの加工品、地元商店街の名品、バッグや雑貨などなど、キラリと光る地域の食材・物産が玉手箱のように並んでいます。

わくわく野菜料理 ごはんやハレノヒ:身体に優しい、ゆるやかなマクロビオティックは、彩鮮やかで味わいが楽しい(長野県佐久市)

ハレノヒ

 佐久市の東、県道44号線「伊勢林」信号そば、パステルカラーの壁面が印象的なお店が「ごはんやハレノヒ」さんです。ちょっと大きめなお店と思うのですが、実はここ、夜は「焼肉ハウス田園」となり、ハレノヒさんは昼のみの営業なのです。

Cuisine Champigon E.Bu.Ri.Ko(エブリコ):天然キノコと季節の山野草! 森の息吹を感じるナチュラル・フレンチ。 (長野県軽井沢町)

エブリコ

旧軽井沢から六本辻に向かう道沿いにある黄色い壁面の可愛らしいお店の2階がE.Bu.Ri.Ko(エブリコ)さん。
キノコ&山野草と肉・魚をコラボレーションさせるカジュアル・フレンチレストラン。シェフの内堀篤さんは、知る人ぞ知るキノコ博士なんです。

Penguin Candle(ペンギン キャンドル):身体と空間に優しいアロマ・ソイキャンドル。香りがもたらす特別な時間(長野県佐久市)

ペンギン キャンドル

食事を終えてソファーに腰を落とし、アロマ・ソイキャンドルに火を灯しました。今日の香りは"マグノリア"。モクレンに似た花です。
しばらくすると、透明な、でも、しっとりとした香りが広がってきました。特に見たい番組もないのでテレビを消し、揺らぐ炎を眺めながら、しばし、くつろぎの時。

やさしいお菓子kurumi-iro(くるみいろ):ほんのり優しい甘さの中に、ふわっと広がる野菜や果物の風味(長野県御代田町)

kurumi-iro

長野県御代田町の住宅街に工房があるkurumi-iro(くるみいろ)さん。
お菓子は予約注文制で、クッキー、シフォンケーキ、スコーン、マフィン、フルーツケーキなどのメニューから選べます。

ようこそ べーぐるや:モッチモチでヘルシーな健康食! 天然酵母のベーグルとの出会いが楽しい専門店(長野県御代田町)

べーぐるや

国道18号線を曲がって、しばらく行くと、オレンジの看板とドアが、どこかカフェを思わせる建物があります。ここが、"ようこそべーぐるや"さんです。
なんとスプーンの形をしたドアノブを押して中に入ると、さほど広くない店内いっぱいに、た~くさんの種類のベーグルが並んでいます。

石けん工房makomoko(マコモコ):フワッと優しい香りの手作り石鹸は、自然な熟成から生まれる一期一会の出会い(長野県東御市)

makomoko

東御市出身の江戸時代の名力士・雷電為右衛門の生家に近いmakomokoさんの工房&お店におじゃましましました。玄関を入ると、色とりどり、そして、可愛らしい形の石けんが、まるでお菓子のように並んでいて、なんだかウキウキしてきます。

ミシン・つむぎ・カフェ ひつじカフェ:ゆったり時間が流れる、おうちカフェ。玄米ご飯のキーマカレーとあったかルームシューズ(長野県東御市)

ひつじカフェ

東御市は乙女平団地近くの住宅街に、ごく普通のアパートがあります。そのアパートの1室にあるのが「ひつじカフェ」さん。お邪魔しますーと、お友達の家に入った感じの店内というかお部屋は、すっごく落ち着きます。北欧家具と羊毛の椅子マットの置かれた空間が、優しく自分を包んでくれて、ゆったりと、ここだけ時間の流れが違います。日常的でありながら、でも、やはり日常ではない、不思議な雰囲気なんです。

これからも皆さんの「明日へ続く、心豊かな暮らし方」へのヒントとなるような情報を発信していきますのでお楽しみに!