トップ >

カフェ&ギャラリー花桃果(はなももか):我が家のようで、しっかりとカフェ! そのバランスが心地よい、くつろぎ空間。絶品ハヤシライス&ナポリタン!!(長野県佐久市)

更新: / 公開: 2012年11月29日 / 文責:

カフェ&ギャラリ花桃果」さんは、都合により、10月末日をもって閉店されました。

〔店主ご挨拶〕
開店から4年6ヶ月。ご愛顧いただき誠にありがとうございました。
この度、諸事情からこの地を離れることになり、勝手ながら閉店させていただきました。ご愛顧いただきました皆様に心から厚く御礼申し上げます。
萩原園子

※ 店舗は貸店舗となっています。昭和モダンの素敵な建物です。ご関心のある方は、リラクオーレまでご連絡ください。

信州へのアクセスの動脈の一つである上信越道の佐久インターチェンジの近く、軽井沢への抜け道である県道156号線沿い、平根保育園の向かいにカフェ&ギャラリー花桃果さんがあります。
でも、入口のメニュー看板がなければ、いたって普通の民家。注意していなければ通り過ぎてしまいそうです。

玄関に立っても、まだ、お隣の家を訪問しているようです。スリッパを履いて、最初の部屋に入ると……、そこには、カウンター席があり、コーヒー豆とミルが並び、やっぱり、ここは、しっかりとカフェだったんだと、初めて実感します。

さて、そんな、おうちカフェ花桃果さんは、香り豊かなコーヒーと3種類のランチが評判です。
今日いただいたのは、特製ハヤシライス(1,200円)。一流ホテルのシェフから教わったというデミグラスベースに、コトコト煮込んだ牛肉がとろけたソースは、濃厚で深~い味わい。ブランド米の五郎兵衛米と美味しくからみます。それだけで満足の味なのに、さらに、ここがポイント! カボチャやニンジン、パプリカ、ズッキーニ、ジャガイモ、サツマイモといった季節によって変わる新鮮野菜が煮込まずにトッピングされているんです。コクのあるデミグラスソースに対し、野菜も負けじと自分の味を主張して、口の中でオリジナルな味わいに生まれ変わります。これは今までに味わったことのないハヤシライスの新しい食感と味と言えます。

ランチセットにはサラダとドリンクが付いています。サラダのドレッシングは、雑穀である、いくさ(一般的にはエゴマ)のドレッシング。αリノレン酸が豊富な健康食です。
ほかに、ナポリタン・セットとホットサンド・セットも人気があります。

食後のコーヒーを楽しみながら、くつろいでいると、何となく、ゆったりと心落ち着くんですが、やっぱり、それは、民家を改装したところからくる、どこか懐かしさを感じる我が家的な安心感なのかもしれません。
部屋は、さらに2つあって、和モダンなインテリアの中、縁側や床の間の前など、お気に入りのテーブル席を選べます。

「ときどき、いらっしゃったお客様同士が共通の話題でお話ししたり、共通のお知り合いがいたりなんてことがあるんですよ。あるお客様に“花桃果さんのところに来ると、素敵な生き方をしている人に巡り会える気がするんです”と言われたことがあって、うれしかったですね」

とオーナーの荻原園子さん。

12畳ほどのミーティングルームは、カルチャー講座、体験教室、会議、演奏会などに利用することができ、また、8畳ほどのギャラリーは、絵画やクラフト、書道などの作品展示会・展覧会などを行うことができます。

また、ギャラリーは個室なので、小さいお子様連れのママさんたちがゆっくり食事とおしゃべりを楽しむことができます。ただ、イベントと重なることもあるので、電話予約をお願いしたいとのことでした。

ナポリタン&ホットサンドのランチはホッとする味

花桃果さんのお奨めは3種類のランチ。そのメニューを決めるに当たって、まっ先に思いついたのがナポリタンだったそうです。

「自分が好きだったんですよ。喫茶店といえばナポリタンって昔から思っていました。パスタ専門店とは違う家庭の味で美味しいものを提供できればいいかなと思っています」

とオーナーの荻原さん。

ナポリタン・セット(900円)をいただいてみると、ほどよい甘さと酸味、しつこくない味つけが、やっぱり懐かしい~。そして、また食べたくなる、ほわっとする、何か一味が違うんです。
「そうでしょう。実は味の決め手のポイントがあるんです。でも、すみませんマル秘ですけどね~(笑)」といたずらっぽい笑顔の荻原さんでした。

ホットサンド・セット(900円)は、文字通り、プレスして焼いた、あったかいサンドイッチ。ハムチーズサンドと卵サンドが選べます。今日は、卵をいただいたのですが、その温かさが、ほっこり、いいんですよ。思ったよりキャベツなどの野菜が多くてシャキシャキした食感。その野菜の甘さと卵のこくがベストマッチなんです。

セットは、サラダとスープにドリンク付ですが、サラダには、雑穀を使った加工食品を開発している食育ママさんの「いくさ(一般的にはエゴマ)のドレッシング」がかかっています。αリノレン酸が豊富な健康食です。また、スープには、粟をポン菓子のように加工した「あわパフを振りかけています。こちらも鉄分・カリウム・抗酸化物質を多く含んでいて、香ばしいんです。
健康を気遣う方は、店内にて販売していますので、お帰りにどうぞ!

荻原さんにお聞きすると、とくに若い人の中には、このランチを食べた後に、ベイクドチーズケーキパフェなどのスイーツを食べる人がいるそうです。別腹! とは言いますが、やっぱり、それだけ美味しいんでしょうね。

この秋、新メニューが加わりました。地元のプルーンをジャムにしたバター&プルーンジャム・トースト(400円)。見た目がとっても綺麗で、しかも美味です。季節限定なので食べ逃しなく。

ネルドリップでじっくりと淹れる香り高いコーヒーは、花桃果ブレンド(浅煎りor 深煎り)が400円など。最近、お客様の要望で、モカ(500円)も加わりました。

また紅茶は、カラフルで現代風の鉄瓶で、ちょっと多めにいれてくれるのですが、冷めにくく、しっかりとした味わいが楽しめます。

モダンとノスタルジーが交錯する安らぎの空間

結婚を機に、埼玉から長野にやって来た荻原さん。昔から雑貨屋巡りが好きで、いつか自分のカラーを出せる小さいお店を持てたらいいなと思っていたそうです。
そんなとき、ご親戚が住んでおられた、ここが空き家になったということで、改装して喫茶店にすることを決めました。そのヒントを得たのが、佐久市望月にあるYUSHI CAFE(ユーシカフェ)さんだったそうです。そして、2012年5月にオープンしました。

カフェの外観は、瓦屋根2階建ての、いたって普通の民家です。玄関に入っても、綺麗にスリッパが並べられていて、履き替えながら、思わず「おじゃましま~す」と言ってしまいました。
でも、足を進めて、最初の部屋に入ると、カウンター席の、まさしく、そこはカフェ。ノスタルジックな茶箪笥やブック・ラック、シュガーポット、そして壁面装飾など、さすがに荻原さんが雑貨好きなだけあって、センシティブなセンスが光っています。
サッチモのトランペットをBGMに香り高いコーヒーを飲みながら、ふと見ると、昭和レトロの柱時計や欄間の彫刻、温かな光が差し込む窓の外の日本庭園など日本家屋の懐かしい和の光景に、ホッと心が癒されます。
しっかりとカフェでありながら我が家的な空間、そんなモダンとノスタルジーが交錯するバランスこそが花桃果さんの魅力なのでしょう。

カウンター席の奥には、さらに2部屋あって、和モダンなインテリアの中、縁側の席、床の間の席など、それぞれお気に入りの一画を選べます。特に一番奥の部屋は、カウンターからも見えないので、ちょっと親密なお話や一人静かに時を過ごしたいなどといった場合には打ってつけです。

そして、そして、冬は楽しみが増えます。それは薪ストーブ。橙色の炎に温められた空気はやわらかく、シュワシュワとあがるヤカンの蒸気を見ているだけでも心まであったまります。

ゆっくり過ごすキッズルームとリーズナブルなギャラリー

花桃果さんには、喫茶席のほかに、12畳のミーティング・ルームと8畳のギャラリーがあり、グループでの食事会、あるいはカルチャー講座や体験教室、会議、演奏会など、また絵画やクラフト、書道などの作品展示会・展覧会などに利用することができます。
これまでも、アレンジフラワー、トールペイント、織物、アクセサリーなどの展示会、あるいは、雑穀食やお団子などの料理教室、また、琴の演奏会など、いろいろなイベントが行われています。

例えば、「整体師さんによる冷え対策講座」などは大変な人気だったそうで、荻原さんは、体調不良で悩んでいる方が多いんだなあと実感し、こんなふうに、皆さんに喜んでいただけるイベントや教室などを開催するお手伝いができればと、気軽に利用しやすい値段(1日1,500円)

で部屋を提供しています。

また、ギャラリーは個室なので、小さいお子様がいるママさんたちは、周りを気遣うことなく、ゆっくりと過ごすことができます。なかなか、そういった空間が少ないので好評とのことです。事前に電話にて予約をお願いします。

お店からのヒトコト

これまでは日曜日はお休みだったのですが、木曜・祝日定休に変更しました。これまでとは、また違う新しいお客様との出会いがあったら、うれしいですね。

お店って、もちろん美味しいものを提供することが第一だとは思いますが、それだけでなく、雰囲気や居心地の良さも、とっても重要なことだと考えています。そして、それは、お店の環境だけでなく、接客している人のマナーだったり、気遣いが大切ですよね。だから、いつも自分自身、十分に注意していきながら、花桃果を好きになっていただけるように努力してまいります。

オーナー・荻原園子

website 花桃果 http://hanamomoka.com/
電話番号 0267-68-6675
住所 〒385-0002 長野県佐久市上平尾865-5
営業時間 11:00~18:00
定休日 木曜日・祝日
駐車場 あり