トップ >

ターブルヒュッテ〜田舎風 信州の食卓〜(旧 ローカルベンチ):野菜たっぷりのスープ&サンドイッチ、フランス製法で焼いた小麦の風味がいきるパンは、吸収しやすく体に優しい!(長野県東御市)

更新: / 公開: 2018年8月22日 / 文責:

東御市の滋野駅の近く、家々が集まる集落の中に、「ターブルヒュッテ〜田舎風 信州の食卓〜」さんがあります。イタリアの田舎町にあるトラットリアを思わせるお店で、信州産の小麦と古くからのフランス製法で焼いたパンとスープ・キッシュ・サンドイッチなどの手作りメニューを提供しています。
2010年にパン専門店「ローカルベンチ」として開業し、多くの人に愛されてきましたが、お店を改装・拡張し、2019年11月に新装オープンされました。

木造りで心温まる雰囲気の中にもスタイリッシュな印象のある店内には、大きな机が一つとテーブル席が4つあります。
主なカフェ・メニューとしては、
・本日のスープ(パン付)860円
・本日のキッシュ(パン付)860円
・本日のサンドイッチ 860円〜
・本日のデザート各種 600円
取材時にいただいたスープは「スープ ペイザンヌ 野菜と雑穀」でした。ペイザンヌとはフランス語で「田舎風」「農夫風」といった意味とのことですが、その名の通り、大根やニンジン、白菜、ゴボウ、シメジなどの野菜、さらには、生姜・豆・キビなどがたっぷり。大地の恵みを感じます。とろりとじっくり煮込まれたスープを口に含むと、食材の旨みがあふれた、とってもやさしい味になっています。
サンドイッチは「グリルチキンのサンドイッチ」で、こちらも野菜がたっぷり。チキンと野菜の味わいに、パンの香ばしさと旨味が加わって、グッドハーモニーです。パンはバゲットではなく、ターブルヒュッテさんオリジナルの「信州トスカーノ」のフォカッチャなので、食感がやわらかく食べやすくなっています。

信州トスカーノ」は、ターブルヒュッテを代表するイタリア風田舎パン(1/2ホール480円)。外側のカリカリっとした香ばしさと中の軽い食感が心地よく小麦の香りが広がります。小麦粉の甘味を引き出すためにやわらかい生地を一晩かけて発酵させているので、もっちりとみずみずしいパン生地の旨味と香ばしさのコントラストが楽しめるのだそうです。そして、そのトスカーノの生地を素焼きにしたのが「フォカッチャ」(1/2ホール500円)です。
ほかにも、シンプルに美味しいバゲット「信州パリジャン」(1ホール480円)、ライ麦入り田舎パン「信濃ミッシュ」(1/2ホール800円)、ふんわりとして耳まで味わいのある山型イギリス食パン「滋野ブレッド」(1/2本600円)、フルーツ類を信州産の白ワインでふやかしてからパン生地に混ぜ込んだ「信濃フリュイ」(1/2ホール490円)、国産バターのみ使用でサクサクもちもちの「手織クロワッサン」(290円)、「チョコクロワッサン」(290円)、「塩あんぱん」(210円)「玉ねぎキッシュ」(480円)などの内の何種類かが日替わりで店頭に並びます。
また、「バスクチーズケーキ」(480円)、「田舎風りんごのタルト」(480円)など季節のデザートもあります。

オーナーシェフ&ブーランジェの中嶋厚志さんが心がけているのは「体に優しい食事&パン」 です。野菜は季節によって、冬は茹でる、夏は揚げることで体に吸収しやすくなるとのこと。パンも、小麦に含まれるグルテンはたんぱく質で構成されていて、そのままでは体に吸収されず、アミノ酸まで分解されてから吸収されるので、小麦粉をこねるときに、そのグルテンをうまく引き出きだし熟成させてアミノ酸に分解させることで、消化されやすいパンになるのだとか。それが中途半端だと、グルテンが残って体に負担がかかってしまいます。食べたときにスーッと体に入って、しばらく時間がたっても後から胃が重く感じることがない、それが中嶋さんが手がける食事&パンなのです。

ところで、店名の「ターブルヒュッテ」ですが、ターブル=机(フランス語)=食卓なのだとか。 「和やかで明るい食卓」をお店で提供したいのだそうです。そう、そこにあるのは「家族の団らん」。家族で美味しい料理を囲んで過ごす時間を大切にしたいという中嶋さんの思いがあるんです。また、山歩きが好きで野外教育のインストラクターの経験もあることから「ヒュッテ=山小屋(ドイツ語)」、「ターブルヒュッテ」と命名しました。

そんな中嶋さんのスタートは、なんとフランス料理。東京都内のフレンチスタイルのカフェ「オーバカナル」に飛び込んだが始まりでした。フレンチは、まさにグルメの王道です。ただ、経験を重ねるうちに、「自分が作りたいのは、生活に密着した日常的な食べ物だな」ということに気づいたそうです。そして、そこにあったのがパン!  縁あって、天然酵母パンの草分け的な存在である「ルヴァン富ヶ谷店」で修行し、その後「ルヴァン信州上田」の立ち上げにともない移住しました。さらに、店に併設のレストランルヴァンターブル」で食事の提供も任されるようになった中嶋さんは、東信州の食材が秀逸なことと、そこに優れた生産者さんがいることを知ることになります。
ちょうどその頃、東御市はワインに力を入れ始めていて、玉村豊男さんのヴィラデストワイナリーや小山英明さんのリュードヴァンなどのワイナリーが設立されていました。中嶋さんはこの二人の志にひかれたこともあり、東御市での独立を決心し、「ローカルベンチ」を開業されたのでした。

「埼玉県のベッドタウン出身の僕は、漠然と田舎に憧れがあって、自分のカントリーが欲しかった。だから、自分が回帰できる場所としての信州と、そこに暮らす皆さんが大好きなんです。」(中嶋さん)

現在、お店には、多くの人たちが集い、思いを共有できる場所になっています。野菜は、地元の「スガヤファーム」「ナチュラルファームままらいふ」などから届けてもらっています。

お店からのヒトコト

よそゆきではない、気軽で日常的なホッとする食事を通じて、大好きな信州の素晴らしさを皆さんにお伝えできたらと思っています。今回、食事とパンで食卓の温かさを届けることができる場所を作るという夢を実現できました。ローカルベンチからターブルヒュッテへ、今後ともよろしくお願いいたします。(中嶋厚志)

住所 長野県 東御市滋野乙950-3
TEL 0268-62-5226
営業時間 11:00~16:00
休日 月・火曜日 ※臨時休業、不定休あり
駐車場 7台程度
Facebook https://www.facebook.com/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%86-106824917453703