トップ >

福島━チェルノブイリ、国境を越えて「被ばく」から子どもを守る母たちのドキュメンタリー『小さき声のカノン―選択する人々』上映! in 上田・御代田 4/2・3

更新: / 公開: 2016年3月15日 / 文責:

カノン子どもたちに、いま必要な「保養」とは? 『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』『内部被ばくを生き抜く』の鎌仲ひとみ監督の最新作『小さき声のカノン―選択する人々』が、いよいよ上映です。

福島原発事故後、子どもを被ばくから守るため避難する人もいれば、福島で暮らすと決めた人もいる。福島で暮らすと決めたお母さんたちは、泣いてばかりのは解決しないと、子どもを被ばくから守るため自ら新しい選択肢を作り出していこうと動き出す。

一方、チェルノブイリ原発事故後のベラルーシでは、子どもたちの被ばくを軽減する「保養」という取り組みが29年経った今でも続けられている。その具体的な内容と驚くべき効果とは?

事故から4年、日本でも被ばくを軽減する新しいステージが始まった。放射能についての危機感がしだいに薄れ、事故の風化がささやかれる今だからこそ、誰もが観るべきドキュメンタリー。(パンフレットより)

「同じように悩み、迷ってきた母親の一人です。現実は厳しいけれど、お母さんたちの連帯から生まれる希望が描かれていることに、励まされました。この映画を通して、さらなる連帯が広がることを願っています」(俵万智さん)

小さき声のカノン―選択する人々
  • 監督:鎌仲ひとみ/プロデューサー:小泉修吉/音楽:Shing02
  • 製作・配給:ぶんぶんフィルムズ2015/カラー/デジタル/119分
 
 上田会場
  • 【日程】
    • 4月2日(土)
  • 【時間】
    • 〈第1回〉10:00〜12:15 上映・監督挨拶
    • 〈第2回〉13:30〜16:30 上映・監督トーク
    • 〈第3回〉18:30〜20:45 上映・監督挨拶
  • 【プチマルシェ同時開催】
  • 【料金】
    • 前売1,000円/当日1,200円/高校生以下無料
  • 【会場】
    • 塩田公民館大ホール(上田市中野20)
  • 【チケット取扱】
  • 【問い合わせ】
    • TEL. 070-5011-1951(西山さん)/email hidden; JavaScript is required
  • ※第1回のみ託児あり
    • 1歳半から。 3/28申込み締切 email hidden; JavaScript is required(茂木さん)
  • ※食と農のまちづくりネットワークも強力しています。
  • →詳しくはFacebook
御代田会場
  •  【日程】
    • 4月3日(日)
  • 【時間
    • 〈第1回〉10:00〜12:30 上映&監督挨拶
    • 〈第2回〉13:30〜16:30 上映&監督トーク
  • 【特別プログラム】
    • 監督とお茶会13:30~15:30/ごはんやハレノヒさんのおにぎりの他、パンやコーヒー販売
    • 特別キッズプログラムーオギタカ&KASの母ちゃん音あそび&アートワークショップ (「てんしのけーき」の母袋京子さんも講師)/対象:5歳位以上/参加費:200円(要予約、50名限定)/問合せ: email hidden; JavaScript is required(桑田)
  • 【料金】
    • 前売1,000円/当日1,200円/学生500円/高校生以下無料
  • 【会場】
  • 【チケット取扱】
  • 【問い合わせ】
    • TEL.080-7030-6754(水野さん)/xabap@ezweb.ne.jp
  • ※託児あり(要予約)
    • email hidden; JavaScript is required(片岡さん):一人200円(二人目以降半額)
  • →詳しくはFacebook