トップ >

RICAlab.(リカラボ):毎日がちょっとウレシくなるオリジナルデザインの生活雑貨&店舗やウェディングのトータルデザインを提案(長野県軽井沢町)

更新: / 公開: 2015年8月12日 / 文責:
《実店舗閉店のお知らせ》
「RICAlab.(リカラボ)」さんは、田阪さんの神奈川県への生活拠点の移動に伴い、軽井沢の実店舗を閉店されました。が、2019年の初めに、再び北軽井沢に居を構えられました。お店は再開されていませんが、展覧会などを開催されています。
今後の活動については、ホームページやFacebookにてご確認ください。

軽井沢町の西、国道18号線「借宿」の信号を浅間山方面に入り、1,000m道路を越えた別荘地の一角に、赤い屋根とドアが印象的な小屋風のお店があります。赤毛のアンが飛び出してきそうな小さく可愛らしいお家、ここが「RICAlab.(リカラボ)」さんです。

店内は、ちょっと狭いながらも、ポストカード、封筒、便箋、ポチ袋、コースター、ラッピングペーパーなどのペーパー類のほか、カップ、ボールペン、Tシャツなどなど、温かい中にもスタイリッシュなセンスが光るオリジナルのパターンでデザインされた生活雑貨が並んでいて、何だかウキウキ楽しくなってきます。

出迎えてくれたオーナーでイラストレーター・デザイナーの田阪リカさんが、お手製のミントティーを、何やら四角い板に載せて運んできてくれました。それは、小さな木製トレーにペインティングしたもの。ちょっとしたアイテムなんですが、田阪さんのおもてなしの心遣いが伝わってきます。
こんなふうにリカラボさんは、“アートな暮らしを提案するデザインスタジオ”。

「デザインを生活に取り入れることで、日々の暮らしが心地よくなってもらえたらうれしいんです」

と田阪さん。

そんな中の一品が、手作りメッセージカード。エプロンやネクタイ、ケーキなどをかたどったカードが人気で、案外、ネット世代である若者層にも好評なのだとか。ちょっとプレゼントに添えることで気持ちが伝わるんですよね。
と、ふと室内を見渡してみると……、目に入ったのがエアコン。白いボディに樹々のパターンが並び、涼やかな印象です。そう、田阪さんのデザインシールがあしらわれているんです。それではと見てみると、椅子、冷蔵庫にもシールが……。さらには、室内灯のスイッチの周りにも! そんなあしらいがあるだけで、何か空間が豊かに感じます。
お店にいると、まさに、この田阪ワールドにはまってしまいます。

そして田阪さんは、そのデザインキャリアを生かして、名刺やロゴマーク、ショップカード、年賀状、引越しハガキ、似顔絵ハンコなどのデザインも手がけていて好評です。
最近は、お店のウェルカムボードやメニュー等を制作したり、あるいは、ウェディングのトータルデザイン(ウェルカムボード、テーブル・ネームカード、メニュー、招待状等々)などが注目されています。

ホームページ → コチラ
Facebook → コチラ

 

お店からのヒトコト

美大では、生活デザインコースを専攻していて、私自身、限られた空間が、いかに心地よくなるかを工夫するのが好きなんですね。RICAlab. が、生活にデザインを取り入れるヒントになるのであれば、大変うれしいですね。

田阪リカ

webサイト RICAlab. http://www.ricalab.net/
電話番号 090-3677-0881
住所
営業時間
営業日