トップ >

2016信州 森フェス「森どりミドリ〜くらしにつながる森の世界〜」in 菅平高原 開催! 映画上映&ライブも 6/25・26

公開: / 文責:

image上田市菅平高原で、「森とひとの関わりや森とつながる暮らしについて、森のなかで楽しみながら多くの方に考えてもらうきっかけに」というコンセプトで始まった信州森フェスも今年で6回目です。今年のテーマは「森どりミドリ 〜くらしにつながる森の世界 〜 」。

フード18店・クラフト39店が集い、ワークショップもにぎやかです。

リラクオーレからも、スタジオKURIさんが、アート手ごねせっけん&手作り雑貨オリジナルCDの販売。参加費1,000円でワークショップもあります。やまぼうし自然学校さんが、森の材料を使ったクラフト体験をします(参加費300~500円)。コラボ食堂ほのかふぇさんは、玄米カレー、ベジタコライス、焼き菓子、チャイを販売、LIBERTE(リベルテさんは、米袋を再利用したオリジナルのアートグッズ&全国のアート系福祉施設の楽しい雑貨展示販売します。

MOVIE THEATER 地下映画館では、2本の映画が上映されます(各回1,000円)
  • ①[鳥の道を越えて]今井友樹監督作品2014

    • imageかつて空を覆う程の渡り鳥が飛来したころ、かすみ網をはじめ独特の鳥猟文化が各地にあった。なぜそれは衰退したのか?祖父の記憶を辿り故郷岐阜県東白川村を起点に全国の鳥猟のあとを訊ね、人と鳥の深い係わりを追う。
  • ②[アラヤシキの住人たち]本橋成一監督作品2015

    • image長野県小谷村の山奥で、効率や競争とは無縁の共同生活を送る十数名の住人たち。肉体的・精神的な生きづらさを抱えた人もいるが互いに個性を尊重して暮らす。厳しくも豊かな自然に包まれたその生き方に人の暮らしの原点があった。

ほかにも、トークショー小田切隆一さん(イマジン代表)「電力自由化の裏側で」、糞土師・伊沢正名さん「ウンコはごちそう」やケーナなどのライブ演奏、うんちマンのミラクル・ワークショップなど盛りだくさんです。

2016信州 森フェス! in 菅平高原
  • 【日時】
    • 2016年6月25日(土)・26日(日) 10:00~
  • 【会場】
    • 菅平高原プチホテル・ゾンタック別館フォーレス館(長野県上田市菅平高原1223)
  • 【料金】
    • 入場無料
  • 【無料送迎バス運行】
    • 専用駐車場から会場への無料送迎バスが20分おきに運行します。(駐車協力金1台500円)
  • 【問い合わせ】
    • TEL&FAX:0268-74-2729(ペンションふくなが)
  • <事務局よりお願い>
    • ・ゴミをできるだけ減らすために皿やカップ、箸の持参
    • ・ゴミになったものの持ち帰り