トップ >

メッセージが込めて漢字の中にひらがなをデザインした書のアート作品「こころMoji展〜元気〜」開催! by 浦上秀樹 @cafeぴろきち in 坂城 4/14・15

公開: / 文責:

坂城町の「cafeぴろきち」さんで、浦上秀樹さんによる『こころMoji展〜元気〜』が開催されます。「こころMoji」 とは、漢字をデザインしたもので、漢字の中にひらがなを盛り込んで、もう一つのメッセージを込めてある書のアート作品です。書かれているのは漢字一文字なのですが、でもでも、よく見てみると、ひらがなが書き込まれていて、そこに添えられたメッセージを読むと、心が動き、励ましと勇気をもらえます。

作者の浦上秀樹さんは、1973年、埼玉県上尾市生まれ、春日部市在住の彼は、21歳のとき、全身の筋肉が徐々に減少していく進行性の病気「遠位型ミオパチー」という難病を発症しました。すべての感覚はあるものの、腕・足などほとんど動かすことはできない状態です。2010年、筆を口にくわえ顔の筋肉を利用し、「こころMoji」を始めました。著書に『ひと文字のキセキ』(PHP研究所)があります。

『元気』〜えんむすび〜
元気は「気」の「元」と書きます。元は、はじめ。気は、物事に積極的に立ち向かう心の動きのことです。気のもとになっているもの……、それは“出会い”なのかもしれません。人は縁で結ばれています。人と社会、人と人との出会い、あるいは全ての物事は縁があるからこそ円満な状態にあると思います。出会いによって元気をもらい、元気がまた新たな出会いをつないでいきます。(フライヤーより)

◎浦上さんによる実演あり(両日とも13:00頃〜予定)
◎プチランチ、限定スイーツあり(有料)
◎ポストカードや新作カレンダー“夏”などの販売あり

こころMoji展〜元気〜
  • 【日時】
    • 2019年4月14日(日) 11:00~17:00
    •                  15日(月) 10:00~16:00
    • ※前日4/13(土)は、準備のためカフェは休店となります
  • 【料金】
    • 入場無料
  • 【会場】
    • cafeぴろきち(長野県坂城町南条4861-35 さかきテクノセンター内)
  • 【問い合わせ】
    • TEL.070-4127-3120(西澤さん)