トップ >

「名前があるとちがって見える~GOKUさんといっしょに作品にタイトルをつけよう~」in ザワメキアート展2018開催! @ホクト文化ホール in 長野市 12/16

公開: / 文責:

長野市のホクト文化ホールで、鑑賞する人を感化あい、アートの底力を示す『ザワメキアート展2018~信州の障がいのある人の表現とアール・ブリュット~』が20日まで開催中です(→ コチラ)。
その関連企画として、16日に詩人・朗読家GOKUさんのワークショップが行われます。
◎『名前があるとちがって見える~GOKUさんといっしょに作品にタイトルをつけよう~』
ザワメキアート展の作品を違った目線で鑑賞するためのワークショップです。詩人・朗読家GOKUさんと一緒に、ザワメキアート展入選作品に自分なりのタイトルをつけて声に出して読んでみると、作品の違う魅力が発見できるかもしれません。
〔日時〕2018年12月16日(日)  13:00~15:00
講師:GOKU(浅川和仁)さん
プロフィール:長野県佐久市在住。2003年より自作詩の朗読を始める。場所・ジャンルにこだわらないことにこだわりつつ、ライブハウス、カフェ、図書館、学校、プラネタリウム、お城、劇場、美術館、公園、原っぱなどで読む。アートや演劇、音楽の場に一人で読みに行くことも大好き。全国詩のボクシングで準優勝。(Facebook → コチラ
定員:15名程度(当日受付・先着順)
参加費:無料 ※見学は自由

《ザワメキアート展》
日本の「アール・ブリュット」がブームとなった背景の中で、一括りにされてしまいがちな「障がいのある人の表現」を、長野県の障がいのある人の公募展の中で改めて見つめ直したいと考えます。 地域の福祉施設やアトリエ、自宅などで生まれる表現が、障がいのある人の生きる力や、幸福に繋がっていることだけでなく、鑑賞する人を感化する、アートとしての底力を持っていることを紹介できればと思います。(フライヤーより)

ザワメキアート展公式サイト → コチラ/Facebook → コチラ

ザワメキアート展2018関連企画『GOKUさんのワークショップ』
  • 【日時】
    • 2018年12月16日(日)  13:00~15:00
    • ※ザワメキアート展 ~20日(木) 9:00~17:00
  • 【会場】
    • ホクト文化ホール(長野県長野市若里1-1-3)
  • 【問い合わせ】
    • TEL.026-226-0008(ホクト文化ホール)

※ザワメキアート展は、年明けの2019年に長野県伊那文化会館でも開催されます。
【日程】2019年1月10日(木)~1月22日(火)
【会場】長野県伊那文化会館(長野県伊那市西町5776)
◎GOKUさんのワークショップもあります。
日時:1月20日(日) 13:00~15:00