トップ >

【バロン・ランチレポート】 秋の食材モリーユ茸(和名アミガサタケ)のソースでいただく月替りランチ @ビストロ バロン カプリス in 御代田

更新: / 公開: 2015年11月22日 / 文責:

バロンランチ長野県御代田町の、かりん通り沿いにあるフレンチ・レストランビストロ バロン カプリス(Bistro Baron Capricieux)」さんのランチのご紹介です。

ここは、良心的な価格の本格的なフレンチ料理が評判で、旬の食材や入荷状況を見て月替わりのメニューを提供しています。

うかがったのは11月14日(土)のランチ時間。いただいたのは、今月の特選コース(本日のサラダ、主菜、デザート、飲み物)です。

  • バロンランチサラダ:テリーヌ&季節の野菜
    濃厚テリーヌに新鮮さっぱりの野菜がベストマッチ。サラダというより一つの料理です。テリーヌならではの複雑かつ深い味わいが楽しめました。酸味を抑えたドレッシングが優しく全体を包みます。
  • 主菜:アルバータポーク(ロース)のロースト フランス産モリーユ茸のソースで
    大麦を食べて育ったというカナダのアルバータ州産のアルバータポークは、まさにガッツリお肉ですが、肉の味わいが深く感じました。その味わいを引き立てていたのがモリーユ茸(和名アミガサタケ)。濃厚だけど口の中に広がる鮮やかで野趣的な風味が、存在感のあるポークとからまって印象的でした。モリーユ茸は、シェフが渡仏したときに現地で買い付けたのだとか。
    ※このとき、「鹿児島産・黒毛和牛のランプのグリル、秋の彩り野菜を添えて ブールフォンドヴォーのソース」も選ぶことができました。
  • 発酵バター
    お替り自由のパンにつけるバターは北海道産の発酵バターなんです。これがまた、軽やかな味わいながら、口の中で風味が広がってパンも進みます。

以上で1,850円(税込)なのですから、まさに満足満足でした。平日は、さらにリーズナブルな平日コース1,650円がありますので、ぜひ、どうぞ!

ビストロ バロン カプリス(Bistro Baron Capricieux)
  • 【場所】
    • 御代田町大字御代田2013-16
  • 【TEL】
    • 0267-32-0087