トップ >

身体に優しいビーガン料理でお馴染みの二川透さんによる古民家カフェ『芦田宿再生の拠点「はじまるカフェ」開業プロジェクト』のクラウドファンディング支援のお願い

公開: / 文責:

上田市の「コラボ食堂」や東御市の「まる屋」さんなどで、肉や魚、卵、乳製品など動物由来の食材を使わない身体に優しいビーガン料理でお馴染み「はじまるカフェ」の二川透さんが、「人が行かない街からイケてる街へ、中山道芦田宿の築100年の古民家をビーガンカフェに再生して、おもてなしとまちづくりの拠点にしたい」という思いで、長野県立科町で『芦田宿再生の拠点「はじまるカフェ」開業プロジェクト』を始め、この4月からクラウドファンディングでの支援をお願いしています。

◎「はじまるカフェ」の6つのコンセプト
1.まちのみなさまの交流の拠点
まちの未来を考えるお客さまが交流して、新しい動きが生まれるようなお店を目指します。
2.まちへのお客さまのおもてなしの拠点
まちへのお客さまのおもてなしの拠点まちを訪れるお客さまにくつろいでいただき、まちの良さを伝えられるお店にします。
3.お肉大好きのお客様も大満足のビーガン料理
​ どなたにも親しんでいただけるオンリーワンのビーガン料理をご提供いたします。
4.地産地消で身土不二を進め地域に富を循環
季節の畑からもたらされる恵みを中心にメニューを決め、地産地消にこだわります。
5.地域の情報が集まる拠点
​ 広報活動などに積極的に協力して、まちの様々な活動を応援して盛上げるお店にします。
6.お客様のご協力で利益を上げ続ける店づくり
セルフサービスを取入れてお客様にもお手伝いいただき、人件費を抑制します。合理的な経営を心掛け、作業手順や業務の段取りを徹底的に見直して末永く営業を続けていける店づくりをします。

6月14日にはクラウドファンディング・プロジェクト第1次が終了し、大勢の皆さんの心遣いで、大きな額の支援金が集まりましたが、まだ開業に必要な最小限の金額には、少し足りていません。現在、クラウドファンディング募集期間を延長して、さらなる支援をお願いしています。

町の活性化にもつながるような明るく元気なお店を末永く営みたいと思っています。ゴールはカフェの開業でなく、開業したカフェをつぶさずに続けていくことをに銘じて、引き続き全力で取り組んで参ります。少しの金額でもかまいませんので、どうかこのプロジェクト実現のためにご支援をどうぞよろしくお願いいたします。(二川さん)

『「はじまるカフェ」開業プロジェクト』の詳細についてはウェブサイトにて → コチラ

なお、新型コロナウイルスによる社会環境の変化で、経済的な困難に直面されている方も多数いらっしゃいます。みなさまのご事情をよく分からずにお願いをしておりますので、「それどころじゃないよ」とご気分を害された方もいらっしゃるかと思いますが、その節はどうぞお気兼ねなく無視なさって下さい。(二川さん)