トップ >

皆の居場所をつくるクラウドファンディング『森のようちえんで村づくり! 長野で0歳~100歳が繋がりあう新園舎を創ろう!』開始! by ちいろば 4/22〜 in 佐久穂町

公開: / 文責:

長野県佐久穂町。古い分校の小さな木造校舎を園舎にして、「自然体験活動〜森・川・田畑・雪・調理などなど〜を基軸にした保育」を実践しているのが、「森のようちえん ちいろば」さんです。
◎詳しくは、ホームページ → コチラリラクオーレ紹介ページ → コチラ/Facebook → コチラ

2012年の開園以来、多くのこどもたちが巣立って行きましたが、開園10周年を目前にした今、内保亘園長先生は、ある決断をしました。
今の園舎から1kmほど南にある森に、子どもたちが過ごす園舎を中心にして、自然学習の森、木製遊具、有機循環の畑・田んぼ、森の中のカフェ、動物飼育スペース、多目的ツリーハウス、じゃぶじゃぶ池、そりすべり台、森林浴、森ヨガ、アトリエ、ステージなどなどがあって、子どもから大人まで、みんなが集い、楽しみ、考え、交流することができる「森の居場所=村」を開設する『村づくりプロジェクト』を始めようというものです。
村の予定地は自然に囲まれた広大な土地で、「秘密基地のような小屋を作る」「田んぼに思いきっりダイブ!」「星空をみながらハンモック」などなど、子どもの頃に描いた「夢」を仲間と一緒に実現できるとのこと。また、週末に園舎や園庭をシェアリングすることも可能で、「満点の星空の下で映画鑑賞」「焚火を囲んで語る会」「音楽コンサート」などの自由な企画も想定しています。
◎内保園長先生が「幼児教育で大切なこと」を語った記事 → コチラ

そこで!  そのプロジェクトの第一歩として「ちいろば」さんでは、新園舎を設立するためのクラウドファンディング『森のようちえんで村づくり!長野で0歳~100歳が繋がりあう新園舎を創ろう!』を、4月22日(水)から実施します(48日間)。
提案されている森のイメージ図を見ると、子どもたちの歓声が聞こえ、一緒に過ごす大人たちの笑顔が浮かび、なんだかワクワクしてきます。こんな居場所があったらいいな〜って、心から思えます。
オーガニック給食チケット、オーガニック野菜詰め合わせ、手づくり食品詰め合わせ、田舎暮らし体験&交流会、旅館のお食事&入浴券、貸切山小屋宿泊などリターンも魅力的です。
ぜひ、一度クラウドファンディングのページをご覧になってみてください。

クラウドファンディング『森のようちえんで村づくり!長野で0歳~100歳が繋がりあう新園舎を創ろう!』 → コチラ

森のようちえん ちいろば
  • 【住所】
    • 長野県佐久穂町大字八郡1974-1
  • 【問い合わせ】
    • TEL.080-5081-0419