トップ >

【Bistro Baron Capricieux バロン出張料理レポート】本ズワイガニ・アンコウ・甘鯛……、新鮮な海の幸が極上のフレンチに!「糸魚川食材を堪能する会〜石の町ダイニング〜」開催!! in 軽井沢11/9

公開: / 文責:

軽井沢町で、去る11月9日17:00〜、新潟県糸魚川市の食材を味わう『糸魚川食材を堪能する会〜石の町ダイニング〜』が開催され、御代田町のフレンチレストラン「Bistro Baron Capricieux(ビストロ バロン カプリス)」の柳澤孝明シェフが出張料理を依頼され、腕をふるいました。

今回のイベントは、自宅やコワーキングスペースなど場所や時間にとらわれず仕事をするテレワークをリゾート地で行う「リゾートテレワーク」の拠点として注目されている軽井沢に、糸魚川市の皆さん14名が視察に訪れたことを機に、糸魚川の食材を調理して提供し、その美味しさを知ってもらおうと、糸魚川市役所、糸魚川商工会議所、観光協会などと軽井沢リゾートテレワーク協会が共同で企画したものでした。
会場は、6月にオープンしたばかりのテレワークにも活用できるライブキッチン&ワークスペース「ハナレ軽井沢」。オーナーの勝見祐幸さんが知り合いである柳澤シェフに調理をお願いしたのでした。また、勝見さんが理事を務める食の楽しみを味わう美食倶楽部「一般社団法人日本ガストロノミー協会」も共同していて、会長の柏原光太郎さん(3人の写真の中央、右が柳澤シェフ)が協会の活動について説明をした後、厨房で調理もされていました。
会場には町内および近隣に在住、あるいは別荘を持つ方々、関東圏に在在で軽井沢と交流したり、ビジネスされている方々、総勢50人ほどの皆さんが参集しました。

糸魚川市は人口42,000人。新潟県の最西端に位置し、長野県と富山県に接しています。東京から北陸新幹線で最短約2時間、軽井沢から約1時間です。日本で唯一、宝石になるヒスイ(日本の国石)が産出され、地質学的に珍しい土地や鉱物が見られる「糸魚川ジオパーク」、石の博物館である「フォッサマグナミュージアム」があります。
全山石灰岩の山が2つあり、石灰水が日本海に流れこんでいるため、豊富な魚介が獲れ、また、降った雨が汚れずに流れ込む良質な農地が広がって、滋味豊かな農産物が採れます。

今回は、本ズワイガニ・アンコウ・ヌタウナギ・サワラ・甘鯛・甘エビ・ヤリイカ・水ダコなどの海の幸、越の丸茄子・春菊・カリフラワーなどの野菜、そして、新潟県が新たに研究開発した美味しいお米の新基準「新之助」のほか、あんこう醤油・にぎす醤油・ぶり醤油・甘えび醤油といった海の街ならでは調味料が提供されました。カニはふわふわ、魚は肉厚だけど、と〜っても繊細で、まさに漁港で水揚げされて、そのまま運ばれた新鮮な魚ならではの味わいです。
これらの糸魚川の宝石のような食材が、柳澤シェフの手によって、彩り豊かに調理されて、まさに美食料理に仕上がりました。口に含むと、それぞれの食材の味わいがさらに広がり、一言では表せない美味しさのハーモニーを奏で、あの食材がどうアレンジされているのか、想像もつかない味の連続にワクワクしながら、料理を堪能しました!

【当日のメニュー10品】
*糸魚川産イナダの燻製、近くで採れた柿とスダチのコスター
*真鯛と甘エビのテリーヌのフォンド・クリュスタッセ寄せ
*越の丸茄子のステーキ・白子のロースト紅葉仕立て、甘エビの卵のカラスミ風に添えて
*越の丸茄子とカリゴスを纏わせたヌタウナギのロースト、白ワインと胡麻のヴァンブランソース
*甘海老のクルヴェットクロケット
*本ツブ貝と白土馬鈴薯のいか墨クロケット
*甘エビとカリフラワーのビスク
*鰆のポッシェ、糸魚川産春菊のヴェールソース
*甘鯛のソテー・松笠焼き風に、カリカリ鱗にして
*ヤリイカと水ダコの生春巻き揚げ

イベントを振り返って柳澤シェフは、

今回は、食材の産地である糸魚川からも多くの方がおこしになられるとのことでしたので、地元で日頃、身近に食されている食材をどのように料理して感動していただけるものに昇華できるか、自分自身との闘いでした。

夜はめっきり寒さが増した軽井沢にピッタリだったのが「あんこう鍋」! 冬の味覚として古くから食されてきていて、「糸魚川荒波あんこう祭り」などもにぎやかに開催されているそうです。ふわふわとした食感と、ねっとりしたゼラチン質の濃厚さがあいまって美味。海の風味に味噌味が融合して、体の芯から温まりました。
また今回は、うれしいことに食材だけでなく、「根知男山」「奴奈姫」「春よ来い」「謙信」「加賀の井」といった糸魚川五蔵の珠玉の日本酒も用意していただき、また、サッポロビールがご好意でシャンパン「テタンジェ ブリュット レゼルヴ 」を提供していただき、皆さま、ほろ酔い気分を楽しんでいました。

最後にデザート感覚で供されたのが、「リンゴとサツマイモとハックルベリーの中華饅頭」。糸魚川の美味しい食材への感謝を込めた信州からの美味しさの御礼でした。

《出張料理(デリバリーシェフ)&ケータリングの案内》
こんなふうにバロンでは、イベント、結婚・受賞・出版など祝事のパーティ、会合の際の会食など、柳澤シェフが会場に出張して調理する「出張料理(デリバリーシェフ)」を予算に合わせてリーズナブルに提供してしているので、ぜひ、気軽にご相談してみてください。
もっとプライベートに、自宅に来てもらうこともできたり、レストランの味そのままのお弁当やオードブルの盛り込みなどを宅配する「ケータリングサービス」もありますよ〜。
バロンTEL0267-32-0087 /紹介 → コチラ

【会場】
ハナレ軽井沢(長野県軽井沢町軽井沢東31-15)