トップ >

和太鼓、落語、ギター弾き語り、コンテンポラリーダンスのパフォーマンス 「4人の犀による、夜の祭り。『犀の夜 Act.13』」開催!@犀の角 in 上田市 8/24

公開: / 文責:

上田市のアートシアター「犀の角」で、4人のソロパフォーマーによるステージ「4人の犀による、夜の祭り。『犀の夜 Act.13』」が開催されます。
今回は、和太鼓、落語、ギター弾き語り、コンテンポラリーダンスの4人が各々30分のステージを繰り広げます。

◇出演◇
◎大日方 譲治(和太鼓)
3歳から和太鼓をはじめ、現在は、和太鼓チーム「晴和会」主催。人類活性化プロジェクト「和太鼓の力」主催。和太鼓、ドラム、謡いの3ピースバンド、「オニハソト」、ファイヤーパフォーマンス「GOROPIKA」所属。  大日方の太鼓は、本能的で何かの生き物のような躍動があり、蠢く憑依的なソレは、他に類をみない融通無碍な表現です。
◎焼酎亭呑み鉄(落語)
長野市在中。主に大阪と東京で活躍している役者が中心となっている「焼酎亭」に所属。長野市では善光寺門前界隈で毎年行われているもんぜん劇場にて「マゼコゼ寄席」を開催、関西関東から焼酎亭の主力メンバーが来て幅広い年齢層のファンで盛り上がっている。 犀の角の「新春犀の寄席」、甲府の演劇祭「甲演劇祭」など出演の他、町の老人会や温泉施設、介護施設などでも高座に上がる。
◎坂田 ひさし(ギター弾き語り)
1956年6月生まれ山梨在住。15歳からギターを始める。16歳の時友部正人に言葉に衝撃を受け音楽家を目指す。高校卒業後上京、ジャックケルアックの「路上」に触発され、ヒッチハイクの旅に出る。25歳結婚。1985年「カレーとコーヒーの店ハーパーズミル」開店。30代にオリジナルCDを3枚制作。1995年「スタジオ葡萄畑」開業。2001年ギター制作開始。「Sakata Guitars」2006年大手楽器店取り扱い開始。2018年から音楽活動を再開する。
◎二瓶 野枝(コンテンポラリーダンス)
コンテンポラリーダンサー/振付家/Dance Company Nect主宰。3歳よりクラシックバレエを始め、お茶の水女子大学舞踊教育学コースにて理論、実技ともに学ぶ。大学在学時から現在に至るまで国内外・ジャンルを問わずダンサーとして数々の舞台に立つ。2014年文化庁新進芸術家海外研修員としてドイツ、フォーサイスカンパニーで研修。また教育者としての一面も持つ。2017年夏、出産を機に東京から松本へ移住

〔オープンマイク〕
好評だったオープンマイクもレギュラー化しているとのこと。1組5分以内で、なんでも自由なパフォーマンスを行うことができるそうです(〜22:30)。

詳しくはイベントFacebook → コチラ

4人の犀による、夜の祭り。『犀の夜 Act.13』
  • 【日時】
    • 8月24日(土) 19:00 〜(18:30開場)
  • 【料金】
    • 2,000円(1ドリンクつき)/ペア:3,600円(2名・2ドリンクつき)※小学生以下無料
  • 【会場】
    • 犀の角(長野県上田市中央2-11-20)
  • 【予約】
    • WEB → コチラ
    • TEL.0268-71-5221(7:30~10:00/16:00~22:00 月曜休)