トップ >

まちなかキャンパスうえだ:大学と地域を結ぶコミュニティスペース! 学生と繋がりたい人なら誰でも利用可のイベントスペース&ワーキングスペースに市民向け講座も開催!! (長野県上田市)

更新: / 公開: 2018年11月11日 / 文責:

まちなかキャンパスうえだ外観上田市は海野町商店街の西、スクランブル交差点側に、一面が大きなガラスになっている印象的なお店があり、そのガラスにはポップな手書き文字で「まちなかキャンパスうえだ」と書かれています。そう、ここは上田市内にある4つの大学(長野大学、上田女子短期大学、信州大学繊維学部、長野県工科短期大学校)等と市が共同して、「地域と大学の連携拠点」として運営するコミュニティスペースなんです。

「学園都市・上田」を実現するために、大学と地域の繋がりをつくる場所、また大学の研究・教育資源を市民の学びに活かす場所、まさに「まちなか」と「キャンパス」を結ぶ場所として活用されています。実際には、学生のゼミ活動や地域のなかで活動している学生の拠点になっていたり、地域の方たちを巻き込んだ学生主催のイベントが開催されたり、あるいは、地域の方や大学の先生による市民向けの講座などが行われたりしています。

イベントスペース

イベントスペース

コーディネーターの渡辺さんは、

「様々な活動を行っている学生がいるので、そんな学生に目を向けてもらい、支援や協力に繋げていく。そのきっかけづくりをこの場所で行っていきたいです。」

さてさて実は耳寄りなのは、こちらにある「イベントスペース」と「ワーキングスペース」は、学生さんはもちろん、キャンパスにふさわしい活動であれば一般の人でも利用可能! しかも、なんとなんと無料なんです。

イベントスペースには、プロジェクター、スクリーン、ホワイトボードが用意されていて、講座や勉強会などに利用できます(要予約)。また、ワーキングスペースは、wi-fiと電源が利用可能なので、自習やデスクワーク、休憩などに活用できます。うれしいことに飲食物の持ち込み可! もちろんゴミは持ち帰りましょう。

ワーキングスペース

ワーキングスペース

また、4大学がコーディネートする「市民向け講座」も開催されていて、小中高校生から一般の人まで誰でも参加できます。

さらには、「大学との連携活動の場」として、こんなことも! 事業やイベントを企画するにあたってボランティアが必要になった場合、学生ボランティアを4大学で募集することができます。また、新規事業や技術開発などにあたって、共同研究の提案、大学や学生と協働した商品開発などの要望がある場合には、その相談にも応じています。

施設の予約、ボランティアや協働事業などの相談、そのほか問い合わせは、まちなかキャンパスうえだのメール、電話、各大学窓口にて受け付けているので、お気軽にどうぞ!

お店からのヒトコト

「まちなかキャンパスうえだ」は、大学が持つヒト・モノ・コトをまちのみなさんと一緒に活かしていく場所です。まち×大学= ∞。ここから新たなまちと大学の形が始まります。どうぞ、気軽にお立ち寄りください。

コーディネーター・渡辺

電話番号 0267-32-0087
住所 上田市中央2-5-10 丸陽ビル1階
Tel / Fax 0268-75-0065
営業時間 12:00~19:00
定休日 月・火
駐車場 なし
website https://machicam-ueda.jimdo.com/