トップ >

【上田映劇情報】CG を用いずアナログで作られた驚異のパペット・ワンダーランド、温かさと哀しさが同居する『村田朋泰特集ー夢の記憶装置』上映中!8/4〜17

公開: / 文責:

〔上映中の作品〕『村田朋泰特集ー夢の記憶装置』
「僕にとって、映像は記憶装置」。“記憶”をテーマに、CG を用いずアナログにこだわって作り上げられた驚異のパペット・ワンダーランド!
[解説]
世界最大のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭」で満席続出!  NHKプチプチ・アニメ『森のレシオ』やMr.ChildrenのMV「HERO」などを手がけ、細やかで情感溢れる造形と、奇天烈で、懐かしさと温かさと哀しさが同居する唯一無二の世界観で多くの人々を魅了し続けている映像作家・村田朋泰。
本特集上映では、 “記憶”や“祈り”をテーマに、“生と死のあいだの世界”を描いた最新作『松が枝を結び』を初公開。さらにGalileo Galilei「サークルゲーム」のMVに使われた『木ノ花ノ咲クヤ森』、実在した床屋から着想を得て、古き良き昭和の世界を背景に一家に起こる不思議な出来事を描いた『家族デッキ』、娘を亡くした傷心のピアニストが体験する夢の旅を描いた『朱の路』など、15年にわたる創作活動の中から厳選した名作を一挙上映!
“夢”の世界を用いて、 “記憶装置”として映像をつくり続ける村田朋泰の世界へようこそ!
監督・脚本: 村田朋泰/音楽: 田戸達英
© 2017 TMC © NHK・NEP・TMC
《村田朋泰監督プロフィール》
1974年生まれ東京都出身。代表作『睡蓮の人』『朱の路』Mr.Children「HERO」のMVなど。
言葉やセリフを排し、仕草や佇まいによる演出で心情を表現し、光の陰影や雨風の移ろう風景を巧みに織り込み「不在」「喪失」「記憶」「死生観」を題材とした作品を通して日本人のアイデンティティを探る制作をしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[上映作品]
◎生と死にまつわる記憶の旅
1幕『木ノ花ノ咲クヤ森』 
過去を紡ごうとするウルフ。過去を消し去ろうとするハンター。記憶を失ったウルフは過去の痕跡を探しながら、すべてを消し去ろうとする2人のハンターから逃走している。やがて世界の縁にたどりつき、そこで彼が見たものは……。
2幕『天地』
自然現象と人間感情の習合をコンセプチュアルに映像化。火山、地震、気候の変化によって日本列島が生まれる「事のはじまり」。やがて生命が誕生し、人間が生まれることによって、感情の衝突が起こる。
3幕『松が枝を結び』
「現世と黄泉」「双生児」「断層」。対になるモノ同士のぶつかり合いで生まれる巨大な力と、うつろいゆくものへの無常観。震災で引き裂かれた双子の姉妹。死者となった少女は、現在と過去を行き来しながら記憶を取り戻していく。月と太陽が重なり、過去と現実の断層がつながったとき、うさぎ男は少女を導き……。
◎〈路〉シリーズ
『朱の路』 
娘を亡くした傷心のピアニスト。彼が体験する夢の旅。暗く長いトンネルを走る列車。悲しみを抱えた男は車内で朱の花を差し出す少女と出会い、短い旅へと向かう。その不思議な旅の終わりに、男は長く暗いトンネルを抜け……。
『白の路』
短い季節の思い出と切ない痛み。Mr.children「HERO」MV作品。少年と少女が過ごした短い秋の思い出。それは大人になっても忘れることのない記憶と切ない痛み。男は冬の始まりに思い出の地を訪れ、自分が少年だったころの真っ白な路をたどっていく。
◎森のレシオ『こうかんトリ』
少女レシオと友達のジャモンがゆく不思議な世界の不思議なお話。鍵を集めているレシオはジャモンと大きな鳥かごに乗って、こうかんトリのヤップに会いに行く。ヤップは空の神様で、いろんなものを物々交換をしている。レシオたちは交渉を始めるが……。
◎家族デッキ
第1話『家族デッキVol.1 高田家の春』
桜舞う季節。この理容店に住まう七福神の“髪様”と、高田一家のある一日のお話。理容店を経営する高田家 は、両親と中学生のお姉さん、小学生の弟の4人家族。この店に住む七福神の髪様のイタズラで、高田家の日常にちょっと不思議な出来事が起こる。
第2話『家族デッキVol.2 家族旅行』
夕暮れ時、野球が好きなお父さんは今日もビール片手にテレビで野球観戦。すると七福神の神様高岳に何かを残していく。くるくるキラキラ。

詳しくは公式HP → コチラ/予告編 → コチラ

『村田朋泰特集ー夢の記憶装置』上映
  • 【日程】
    • 2018年8月4日(土)〜17日(金) ※13日は休館
  • 【時間】
    • 7〜10日 10:30〜11:51/11・12日 9:30〜10:51/14〜17日 11:45〜13:06
  • 【料金】
    • 一般1,800円/大学生1,500円/小〜高校生1,000円/シニア(60歳以上)1,100円/幼児(3歳以上)900円/レディーズデー(毎週水曜)1,100円/メンズデー(毎週木曜)1,200円/リピーター割引(1,800円か1,500円の半券持参)/夫婦50割(どちらか一名が50歳以上)/ファーストデー(毎月1日)1,100円/障がい者割引(手帳提示)1,000円)
  • 【会場】
    • 上田映劇(長野県上田市中央2-12-30)
  • 【上田映劇Facebook】
    • → コチラ
  • 【問い合わせ】
    • TEL.0268-22-0269