トップ >

スーリヤ・花音:自分の心と向き合い、心の緊張を解きほぐして悩みの対処法を導いてくれるフラワーセラピーヒーリングとカードリーディング(長野県佐久市)

公開: / 文責:

佐久市内のカフェで、「スーリヤ・花音」の平島花恩さんに、カードリーディングのお話をお聞きしました。

神様が好きだというだけで、なんと、そのまま大学の神道学科に進んだという平島さん。卒業後は、オーガニックの化粧品を作る会社に就職されました。何事にも一生懸命の彼女。化粧品を人に勧めるのなら自分でも体験してみなければと、真冬に家のお風呂の洗い場で長時間にわたって実験をして、風邪ひいたこともあったとか。そんなガンバリ屋さんだったからか、しばらくして心のバランスをくずし、いかに自分の身体をないがしろにして来たかを知ったのだそうです。

ロバート・リーブスと

ロバート・リーブスと

そして、そんなときに出会ったのが、フラワーセラピーのスペシャリストとして知られるロバート・リーブス。オーストラリア在住で認定ナチュロパス(自然療法士)の彼は、心や精神の健康に深い関心を寄せ、エネルギー的な治療法やフラワーエッセンスを活用したりして、いかに薬を使わずに、肉体的あるいは精神的な苦痛にアプローチできるかにフォーカスしていました。彼の存在に平島さんは救われたそうです。

彼のフラワーセラピーによる「クリアリング=浄化」は、花を使ってエネルギーを回すことでネガティブなものを身体の外に出し、花のメッセージを伝えることで閉ざしていた心を開かせるのだそうで、それが平島さんの原点になっているのだとか。

そして現在、フラワーセラピーヒーリングのほかに平島さんが行っているのがオラクル(Oracle)カードによるカードリーディング。選択されたカードのメッセージ(オラクル)を読み解くことで、抱えている悩みにどう対処すれば良いのか、これからの自分にどう向き合えば良いのか、その気づきを与えてくれるのだそうです。

フラワーセラピーオラクルカード

フラワーセラピーオラクルカード

で、百聞は一見にしかずということで、ちょっとセッション(リーディングなどを行うこと)をしてもらうことになり、現在、私の仕事について聞いてみることにしました。
オラクルカードには多くの種類があって、相談内容に合わせて選ぶのですが、平島さんがよく使うのが「フラワーセラピーオラクルカード」。自然の美しい花々からのメッセージを受け取ることができるカードで、色とりどりの花たちの写真が使われているので、とくに女性には好まれるとのことですが、今回は、私の仕事の内容に合わせて「大天使ガブリエルオラクルカード」を使うことに。

大天使ガブリエルは特に、作家、アーティスト、ミュージシャンなど創作に関わる人々や、教師、ジャーナリストなど人に何かを伝える職業に携わる人々を助ける天使とされているからだそうです。

平島さんに導かれながら、これまでの経緯や私の想いなどを話した後、平島さんが引いたカードには……

「クリエイトの活動には上下の波があり、ときには落胆してしまうこともあるでしょう。自分の作品が受け入れられてないと感じたら、昔から数多くのアーティストが同じような経験をしたことを思い出しましょう。人々の心を打つ作品を残したアーティストは、すべて内なる声に耳を傾け世の中の批判や拒絶を気にしなかった人です」

とあり、平島さんは、
「このカードは、落胆することがあっても、それをエネルギーとして、自分の道を進み続けてほしいと励ましていますよ」と読み解いてくれました。さらに、「言葉の力で人を励ますことができるとも言っています」とも。

確かに、そう言ってもらえると、天使からエネルギーをもらったように感じて、頑張ってみよう! っていう気になります。

考えるに、人が悩んでいて誰かに相談するときって、実は自分の心に思うことがあっても自分では決めきれず、どこかで誰かに後押しをしてもらいのだと思うんです。その点でカードは大局的な言葉になっているので、それをカードリーダーが解釈して導いてくれたりして自分の中にストンと落ちると決断がつくことになります。つまり、カードリーディングの時間が、自分の心と向き合う時間になるんだと思います。

花を通じて自然とつながる

花を通じて自然とつながる

「つらいとき、苦しいときは、心をオープンにして対話し、素直に助けを求めていいんだと思うんです。自分の不調が今の悲しみから来ているのか、怒りから来ているのか、はたまた過去の出来事から来ているのかわからないことがありませんか。現代人は、それだけ感情を抑え、自分の気持ちをおろそかにしている気がします。素直に自分の感情と向き合う、そんな状況をカードリーディングで作り、メッセージを伝えることで閉ざしていた心を開かせることができたらと思っています」(平島さん)

最後に平島さんは、ご自分が用意された花のエネルギーを私の身体に注ぐ仕草をされ、花の香りの中でセッション終了となりました。

そんな平島さんのセッションを受ける場所は要相談で、市内のカフェ、あるいは送迎をしてくれれば相談者の自宅でも可能とのことです。また、実は佐久穂町にあるカフェ「そら音」さんで定期的に開催されている『うさと展』の開催期間に、また、8月プチリーディングを行っているとのことですので、出かけてみてください。

  • 【料金】
    • フラワー・セラピーヒーリング
      1時間5,000円(最長3時間15,000円)/学生・動物の場合は1時間1,000円
    • カードリーディング
      ​20分2,000円/1時間2,000円+気持ち
      ☆いずれも場所は佐久市内のカフェ、もしくはSkypeでのセッション

※リーディング料金の一部を子供や地球、動物に関する団体に寄付

お店からのヒトコト

大天使ガブリエルから受胎告知を受けて動揺する聖母マリアに、ガブリエルは優しく寄り添い励まします。なので、苦しみを抱えるあなたも決して一人ではないことを忘れないでいてほしいと思います。女性はとくに内面の美しさに気づかない方が多い気がします。雑談をしながら、気になったところでカードに聞いてみるという気軽な感じでフラワーセラピーカードや天使カードに親しんでもらっています。心の緊張を解きほぐしてみませんか。

平島花恩

webサイト https://space8299.wixsite.com/home
お問い合わせ email hidden; JavaScript is required
※まずはメールにて問い合わせください。その際、件名に「フラワーセラピー希望」と記入してください。