トップ >

凍み豆腐の魅力を知って、豆腐料理を存分に味わう「えいっこ亭でやしま豆腐 × 凍み豆腐の料理会」開催! in 佐久市 3/10

公開: / 文責:

信州でも冬の保存食としてお味噌汁や煮物の食材とされる「凍み豆腐」。その凍み豆腐の作り方や歴史を学びながら、美味しい料理をいただける『えいっこ亭でやしま豆腐 × 凍み豆腐の料理会』が佐久市望月で開催されます。
凍み豆腐は、食品の正式規格では「凍り豆腐」と登録されていて、関西以西では「高野豆腐」と呼ばれています。

佐久地方では高野豆腐のことを凍み豆腐とも呼び、浅科の矢島地区では古くから各家庭で手づくりされてきた。武田信玄の佐久侵攻の際に供されたことが始まりと言われ、佐久の極寒の気候で生まれる味は格別。手間と生産者の減少から”幻の食材”となりつつあるが、伝統製法の自然凍結・乾燥によってきめ細かい舌触りに仕上がり、今も変わらない冬の伝統食として親しまれている。(佐久市観光協会ホームページより)

講師は、凍み豆腐・味噌・豆腐等、大豆を使った食料品を製造している「(農)矢島いきいき会(やしま豆腐)」の金子久登己さん(佐久市地域おこし協力隊)。やしま豆腐をどうやって作っているか 、武田信玄公から始まり四百年以上続く歴史、今後も凍み豆腐を食文化として残していくにはどうしたらいいか、豆腐を通しての地域おこしなどについてのお話です。

そして、お話のあとはお豆腐づくしのランチ!  やしま豆腐・凍み豆腐の料理を和食から洋食まで、いろいろと味わいます。
<メニュー>
五目御飯/凍み豆腐のてんぷら/いもがら煮/ざる豆腐/凍み豆腐ときのこのソテー/豆腐蕎麦サラダ~えごまドレッシング/おからのケーキ
*材料によって変更あり

矢島いきいき会(やしま豆腐)Facebook → コチラ

えいっこ亭でやしま豆腐 × 凍み豆腐の料理会
  • 【日程】
    • 3月10日(土)
  • 【時間】
    • 11:00 受付
    • 11:20 金子さんのお話(20分)
    • 12:00 ランチ
    • 14:00 終了
  • 【料金】
    • 1,800円/子ども500円
  • 【会場】
    • えいっこ亭(長野県佐久市協和3361-37)
    • *望月アイス・ヨーグルト工場に入って一番奥の鉄平石の屋根の建物
  • 【主催】
    • 佐久市地域おこし協力隊
  • 【申し込み・問い合わせ】
    • ※人数、連絡先を佐久地域おこし協力隊の大澤美保さんまでお知らせください。
    • 大澤さんのFacebook → コチラ
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required
    • TEL.090-9386-3104
    • FAX.0267-53-3115
    • ※Facebookイベントページには3月7日締め切りとありますが、人数に余裕があるため、以降でも申し込んでみてください。