トップ >

「多世代交流料理教室《第1回》望月の味噌を使って料理してみよう!」開催。塩丸イカ&こねつきモチ料理 in 望月 1/27

公開: / 文責:

佐久市望月で、『多世代交流料理教室《第1回》望月の味噌を使って料理してみよう!』が開催されます(全3回)。「地域に伝わる食文化を守ろう!」という想いから、昔ながらの手法で味噌を作り続けている女性の皆さんに望月の味噌について教えてもらいます! 味噌は、どの家庭にもある日本古来からの調味料です。

第1回(1月27日)は、味噌の簡単な座学を行ったあと、望月で色々な食や農の活動を行っている清水宣子さんに味噌を使った郷土料理を教えてもらいます。それはそれは美味しい「おごっそう=御馳走」です。

過去においては、多くの家庭でも味噌は自宅で作られ、「手前みそ」といわれる通り、それぞれの家庭で味も違っていました。味噌の原料の大豆はどこからきたの? この塩はどうやって作られているの? 麹はどうやって作るの? というところから簡単に学び、味噌を使った料理を次世代へ伝承していきましょう!(佐久市地域おこし協力隊・大澤美保さん)

☆今回の料理教室のメニュー☆
●塩丸イカとねぎのぬた和え
●こねつきモチ
●味噌とえごまのドレッシング
塩丸イカとは、海のない長野県に昔からある保存食。スルメイカの内臓を出し、胴の中に足と塩を詰めたもの。また、こねつきもちは、昔は囲炉裏で焼いていたお米を使ったおやつ。

第2回は、ほかの講師を招いて味噌の料理教室を行います。
第3回では実際に自分たちで味噌の仕込みにも挑戦!一年寝かせたら持ち帰ることも可。味噌を使った料理に興味のある人、味噌作りに挑戦してみたい!という人は是非。

詳しくはFacebook → コチラ

多世代交流料理教室《第1回》望月の味噌を使って料理してみよう!
  • 【日時】
    • 2018年1月27日(土) 13:30〜16:00
  • 【参加費】
    • 500円/小学生以上100円(材料費込)
  • 【持ち物】
    • エプロン・ペットボトル350ml以上のもの、小さなタッパー2つ
  • 【会場】
    • 桜が丘地域ふれあいセンター(長野県佐久市協和5254-1)
  • 【主催】
  • 【予約・問い合わせ】
    • TEL.090-9386-3104(大澤さん)
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required
    • Facebookイベントページのメッセンジャー → コチラ
    • ※人数と連絡先を明記