トップ >

オーガニックや種の専門家で社会企業家のジョン・ムーア氏を迎え、今年最後のBioマルシェは安藤百福センターで開催! in 小諸市 11/18

公開: / 文責:

小諸エコビレッジで定期開催されていた『Bio(ビオ)マルシェ』。今年最後のマルシェは、エコビレッジを飛び出して、同じ小諸市内にある安藤百福センターで開催されます。オーガニックな店が集まり、より楽しく暮らすために、より豊かなココロを育むために、ひと手間かける丁寧な暮らし方を発信します。
今回は、 スペシャルゲストにオーガニックや種の専門家で社会企業家のジョン・ムーア氏を迎えます。オーガニックや種の専門家であり、その理念と手法について語ります。

《イベント内容》
1)青空キッチン
(12:00〜12:45)
地域の雑穀や野菜を使ったレシピを伝授します。
今回のシェフ:浅間兄弟・鴨川 知征 さん
6月にも登場した浅間兄弟さんは、“eat local, think community”を標語に活動し、出店者さんを訪れ、野菜を見てレシピを考案しています。収穫の季節で、美味しい野菜がそろう食欲の秋のメニューはいかに!
参加費:500円
2)こども農家(10:15~11:00)
6月に定植しえごまを10月に脱穀し、そして今回11月は搾油体験を行います。自分で作るオリジナルオイルシリーズの今年の最終回です。
3)オギタカさんの音あそびの会(11:00~12:00)
☆奏者☆オギタカ(荻原崇弘)さん
打楽器や石、木を用いて合奏したり、踊ったりと、体を動かしたりの楽しいワークショップの最終回です! 皆で歌うカントリーロードもこれが最後、楽しい歌声を青空に響きます。広がる音表現の世界に子どもはもちろん、大人も感激! 皆で一緒に自然音楽の輪を広げます。
4)オーガニックコットンの母・渡邊智恵子のお話会(13:00〜15:00)
様々なゲストとアヴァンティの渡邊智恵子社長が対談するお話会!
今回のゲストはスペシャルゲストジョン・ムーアさんです。たくさんの面白い経験をして、今にたどり着いたムーアさんのお話です。
[ジョン・ムーアさんプロフィール]
社会企業家/オーガニックフード・ガーデニング教師/英国公認教師/コミュニケーションデイレクター
アイルランド出身。祖母のもと幼少の頃からオーガニックの農業に触れ、英国シェフィールド大学にて、教育と都市設計を専攻。大学時代は、自分で栽培した植物を使ったハーブティーの会社を設立し学費を稼いでいたそうです。教師を経て、電通への入社をきっかけに来日。各国の農業を視察し、フランスに「ピレネー・シード・バンク」を創設。その後パタゴニア日本支社長に就任し、現在はジョンムーアオーガニックス代表。
教師、コピーライター、パタゴニア日本支部社長という経歴を経て、オーガニックや種の専門家となり一般社団法人SEEDS OF LIFEを設立、現在高知の山奥で本物のオーガニックライフを実践しているジョンムーアさん。六本木や緑の少ない都心の小さな部屋にA4サイズタッパーを使って1年中オーガニック野菜を食べられる小さな畑を作るなど様々な面白いワークショップをしており、遺伝子組み換えのされていない種を守っていこうと常に行動、活動しています。

SEEDS OF LIFEホームページ → コチラ

Bioマルシェ11月
  • 【日時】
    • 2017年11月18日(土) 10:00~15:00
  • 【料金】
    • 入場無料
  • 【会場】
    • 安藤百福センター(長野県小諸市大久保1100) ※TEL.0267-24-0825
  • 【BioマルシェFacebook】
  • 【問い合わせ】
    • TEL. 0267-41-0961 /TEL.080-8881-8492
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required