トップ >

漢字の中にひらがなを盛り込んだ書の作品展「浦上秀樹 MOJI art 展PartⅢ」開催 in 坂城 4/17・18

公開: / 文責:

moji坂城町で『浦上秀樹 MOJI art展 PartⅢ』が開催されます。MOJI art(こころ文字)」 とは、漢字をデザインしたもので、漢字の中にひらがなを盛り込んで、もう一つのメッセージを込めてある書の作品です。書かれているのは漢字一文字なのですが、でもでも、よく見てみると、ひらがなが書き込まれていて、そこに添えられたメッセージを読むと、心が動き、励ましと勇気をもらえます。

作者の浦上秀樹さんは、1973年生まれ。21歳のとき、全身の筋肉が徐々に減少していく「遠位型ミオパチー」という難病を発症しました。すべての感覚はあるものの、自由に身体を動かすことはできない状態です。そして現在、まだ残っている顔の筋肉を利用し、口で筆をくわえてMOJI artを制作しているのです。著書に『ひと文字のキセキ』(PHP研究所)があります。

〜えがくみらい〜 自分に何ができるかということより、何がしたいか、どう生きるか。やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。自分のなりたい姿を思い浮かべ、今やるべきことを実践していくだけ。(浦上さん)

  • 両日とも浦上さんによるMOJI art実演あり(13:00予定)
  • 浦上さんの著書を購入した先着10名(各両日)に、好きなMOJI art一文字を書いてもらえます。
  • 二日間限定のプチランチ、ケーキセットあり(有料)
  • ポストカード、作品の販売あり
浦上秀樹 MOJI art展PartⅢ
  • 【日時】
    • 2016年4月17日(日) 11:00~17:00
    •                  18日(月) 10:00~16:00
  • 【料金】
    • 入場無料
  • 【会場】
    • cafeぴろきち(長野県坂城町南条4861-35 さかきテクノセンター内)
  • 【問い合わせ】
    • TEL.090-8326-8870(西澤さん)※17:00以降
    • e-mail:email hidden; JavaScript is required