トップ >

【うつわの店 醉器の作家さん通信】オリーブや青がシンプルだけどおしゃれな関太一郎さん in 軽井沢

公開: / 文責:

醉器軽井沢銀座の先にある「うつわの店 醉器」さんで取り扱いを始めた新しい作家さんのご紹介です。

今回は、関太一郎さん。オリーブ色や青の色と、シンプルだけどおしゃれな形、そして土を感じさせる肌が素敵です。高崎市といっても山間部と言っていいと思われる倉渕町の、とても静かな工房で制作されています。フェアに出店するときは、作った器を使った料理のレシピの紹介をしたりなど、使い方まで具体的に提案されています。

ザラッとした土の感触。 サラッとした釉薬の質感。シャープさの中の手作りの温もり。重すぎないこと 軽すぎないこと形や色合いの微かな揺らぎを意識して制作しています。(関太一郎)

うつわの店 醉器