トップ >

【劇団モカイコZ通信】初のプロデュース公演「ウタ子さんのゴンドラ」上演! “文豪”と呼ばれる男たちとウタ子の恋物語 @松本ピカデリーホール 1/30・31&長野ネオンホール 2/20・21

更新: / 公開: 2016年1月2日 / 文責:

長野県内を中心に活動する若き演劇集団「劇団モカイコZ」の公演が約半年ぶりに、松本市と長野市で開催されます。

今回の演目は、モカイコP「ウタ子さんのゴンドラ」です。

今回の物語は……

「舞台は大正時代。モノクロの時代に生きた灰色の女、主人公ウタ子の恋物語。そしてそのお相手は、後に“文豪”と呼ばれる男たちなのであります。 一体誰が登場し、どんなストーリーが展開されるのか!」

ト書きを読む!?

「この作品で注目して欲しいのは“ト書き”! ト書きとは、台本でセリフの間に、俳優の演技、照明・音楽・効果などの演出を示した文章のこと。 今作は、舞台上では決して耳にする事の出来ない“ト書き”をリーディングドラマで映し出す異色作です。」

 

何だか情緒が漂う紹介に、いつものモカイコとは違う雰囲気を感じるのですが、そういえば、冒頭にある「モカイコP」って何?

『モカイコPとは……

劇団モカイコZのプロデュース公演、略して「モカイコP」。 企画・原案を伊藤茶色が、脚本・演出を篠原拓夢が務めることで本公演とは違う「もう一つのモカイコの形」をお見せします!

そして、この公演ではモカイコZ劇団員のみならず、長野県を拠点に活躍する演劇人を迎え入れ新しい劇作に挑戦! 今回は、4人の役者の皆さんがモカイコPに参加して頂いてます。ここにモカイコZ劇団員も加えて、総勢8人の座組でお届けします!

モカイコが「Z」から「P」へスピンオフした新企画をどうぞ楽しみに!』(HPより)

【公演情報】

企画・原案:伊藤茶色 脚本・演出:篠原拓夢

出演:奥堀まゆ、バイオ手塚、早渡知利、フランキー山本、大久保学(演劇裁縫室ミシン)、有賀慎之助(客演劇団ゲキブツ)、加藤亜紀歩、両角眞太朗(劇団おまつり研究会)

【チケット料金】 全席自由・前売当日一律 1,000円 ※未就学児入場不可

<友だち以上割引> 同一ステージで、一緒に2枚以上購入すると、1枚につき200円割引!

(例/2枚で計1,600円、3枚で計2,400円)

友達でも、家族でも、はたまた恋人未満友だち以上なビミョーな関係でも、組み合わせはなんでもOK!!

ウタ子さんのゴンドラ<松本公演>
  • 【日時】
    • 1月30日(土) 19:00~
    •    31日(日) 14:00~
  • 【会場】
    • ピカデリーホール(長野県松本市大手4-7-2) ※TEL.0263-32-0088
ウタ子さんのゴンドラ<長野公演>

【チケット購入方法】

次の例のように記入してメール email hidden; JavaScript is required まで送信。後に劇団モカイコZ制作部より返信があります。 「例:山田もかい子/1月31日14時開演/1枚」

【問い合わせ】

TEL.090-9668-2503 (制作:伊藤さん) mail:info@mokaico-z.com

モカイコP