トップ >

侍学園スクオーラ・今人を描いた映画『サムライフ』、長野県で2/7~先行ロードショー! ブックカフェことば屋さんで特別鑑賞券を発売中。

公開: / 文責:

event

長野県上田市本郷にある「認定NPO法人 侍学園スクオーラ・今人」は、元高校教師である理事長の長岡秀貴氏が4人の元教え子と共に2004年に開校した日本一小さな学校。「学びや新しい自分との出会いを求める全ての人々の為の学校」を設立趣旨とし、何かに頼らず、自らの進むべき道を探す為の学び舎として歩んできた10年で、地域をはじめ、多くの人たちから親しまれてきました。

「近年、ひきこもりやニートなど、若年者の社会参加意欲の減少が大きな問題となっています。―しかし、それらに対する公的な支援は限られ、特に学齢期を過ぎても尚何らかの不全状態にある若者へのサポートは皆無であると言っても過言ではありません。―私たちはその問題に正面から取り組むために活動しています」(公式サイト長岡秀貴氏の挨拶より抜粋)

そんな侍学園スクオーラが映画になりました!!!

  • 映画『サムライフ』監督:森谷雄、主演:三浦貴大
    • <ストーリー>
      27歳、高校教師のナガオカは、「自分で生き方を決める学校をつくる」という夢の実限のために学校を辞める。そんなナガオカの噂を聞きつけ、4人の元教え子が集まった。貯金は725円。学校の設立のための資金集めを始めた彼らは、まず、ショットバーを開業する。
      一方で、ナガオカは様々な事情から学校に通えない子どもたちや引きこもりの若者と出会う。社会の枠からこぼれ落ち、時に自らの命を絶とうとする彼らを支えたいと奮闘するナガオカだったが、責任の重さに押しつぶされそうになる。時に衝突し、時に励まし合い、「学校をつくる」という夢に本気で挑戦するナガオカと4人の仲間たち。彼らの熱い物語が、今始まる―。
    • <キャスト>
      主人公ナガオカ役の三浦貴大さんは、『許されざる者』や『永遠の0』などに出演。共に夢を追う仲間には、「あまちゃん」『桐島、部活やめるってよ』などに出演の松岡茉優さん、「ほっとけない魔女たち」の加治将樹さん、ほかに、柾木玲弥さん、山本涼介さんといった今、注目の皆さんがキャスティングされています。さらに、大杉漣さん、マキタスポーツさん、渡辺大さん、佐藤めぐみさん、きたろうさん、田中要次さんといった実力派が参加。
      監督は、『シムソンズ』『しあわせのパン』等のヒット作品のプロデューサーを務めた森谷雄さんで、原作との出会いから構想7年での初監督作品。原作は、長岡氏の同名の著書(ポプラ文庫 620円)です。

今回は、原作の舞台である上田市でオールロケを敢行していて、上田市上田原にある長岡氏が開いたショットバー「BarHID(ばーるはいど)」も実際に登場するそうです。

<長野県内5館で2/7~先行ロードショー>
2月28日~随時、全国ロードショー公開ですが、長野県のTOHOシネマズ上田//佐久アムシネマ/長野ロキシー/アイシティシネマ/岡谷スカラ座では、2月7日(土)~先行上映されます。

そこで!!!
上田市原町の「ブックカフェことば屋」さんで、特別鑑賞券を発売しています。当日、一般1,800円のところ、1,400円!  枚数限定なのでお早めに。
実はことば屋さん、「侍学園スクオーラ今人」さんと、インターネットで古書の販売を手がける「(株)バリューブックス」さんの共同経営なので、当時の話を聞くことができるかも。