トップ >

思わず踊りだしてしまうアフリカの太鼓ジャンベを楽しむ「オギタカ&浅間バンド演奏会」開催! with あいおい坂公園マルシェ in 小諸市 5/11 13:00〜

公開: / 文責:

5月11日(土)に小諸市で開催される『あいおい坂公園マルシェVol.3』(詳しくは → コチラ)の会場では、小諸市・小諸市教育委員会主催で、毎回『音楽のまち、こもろミニコンサート』が行われます。
そのプログラムの一つは、
■︎オギタカ&浅間バンド演奏会(13:00〜:30分程度)
知的障がい者支援施設・浅間学園で結成された「浅間バンド」と地元ミュージシャンのオギタカさんとのコラボによるアフリカの太鼓「ジャンベ」の演奏です。ゲストとして、ボイスヒーリングアーティストの「あやこ村長」さんも参加します。
ジャンベは西アフリカ起源の太鼓。低音から高音まで幅広い音が魂に響き、聴いている仲間と思わず踊りだしてしまう、まさに、人と人をつなげるコミュニケ−ションツールでもあります
「浅間バンド」は知的障がいをもった5人を中心にしたバンドですが、彼らは、とても愉快で、そしてフレンドリー。なんと言っても、彼ら自身が音楽を楽しむ才能に満ちあふれているんです。
演奏する曲は、オーシャンゼリゼやクイーンの『We Will Rock You』など親しみのある曲!  障がいの壁を越え、音楽でコミュニケ−ションして、楽しいひとときを過ごしましょう!!

《オギタカさんプロフィール》
オギタカこと荻原崇弘さんは、小諸市在住の作曲家・音楽講師・シンガーソングライターであり、音楽ワークショップ「信州音あそびの会」の代表。
この会は、オリジナルプログラムの音楽ワークショップや授業などを開発し、学校やイベントなどで実施しています。障がいを持つ子供とお母さんコミュニケーションを計れないかという思いをきっかけに、「音楽の人の心を結びつける力」を実感しながら「自己表現」「コミュニケーション」「音を感じる楽しさ」などを実現する場を作っています。(「信州音あそびの会」→ コチラ
オギタカさんは、このプログラムを浅間学園で10年近く実践していて、この間、利用者さんに良い変化がおき、ジャンベを真剣に演奏するようになり、色々な場所でライブをしたいという意欲が出てきたそうです。

昨年の「第40回長野県知的障がい福祉大会」で2時間の基調講演をさせていただき、その中で「浅間バンド」の演奏を500人の関係者の方々に聴いていただいたところ大きな反響がありました。今回も浅間バンドのみんなは、やるきまんまん! 音楽の持つ力で障がい者も健常者も皆がつながれたら嬉しいです!!(オギタカさん)

浅間学園ホームページ → コチラ/福祉大会報告ページ→ コチラ

《「あやこ村長」プロフィール》
多彩な声を操りながら感じるままに即興で 唄い奏で踊るアーティスト。口琴や笛など様々な民族楽器とともに自然と調和し響きあう音魂のハーモニーが音宇宙へと誘います。

オギタカ&浅間バンド演奏会
  • 【日時】
    • 2019年5月11日(土)  13:00〜 ※30分程度
  • 【料金】
    • 無料
  • 【会場】
    • あいおい公園内 特設会場(長野県小諸市相生町三丁目内)
  • 【問い合わせ】
    • TEL.0267-22-1700(小諸市文化財・生涯学習課)

※5月11日の『音楽のまち、こもろミニコンサート』は下記もあります。
■トリオ・グランシエル(Trio Grand Ciel)演奏会(12:30〜)
トリオ・グランシエル(Trio Grand Ciel)は、小諸高校音楽科に学んだ演奏家により結成されたトランペット2本とピアノによるトリオ。それぞれが都内と地元の長野で演奏活動を行っており、今回が結成して初のコンサートとなる。ジブリの世界やニニ・ロッソの名曲などを届けます。
詳しくは → コチラ