トップ >

2019年4月スタート『小さな困りごとをたすけあうコミュニティ&ネットワーク「ついでネット佐久」利用説明会&設立総会』開催! @佐久市桜ヶ丘地域ふれあいセンター 3/4

公開: / 文責:

佐久市で、小さな困りごとをたすけあうコミュニティ&ネットワーク『ついでネット佐久』の利用説明会&設立総会が開催されます。
「ついでネット佐久」は「『ついで』を合言葉に、小さな困りごとをたすけあう」を目的に、この春新しくスタートするコミュニティ&ネットワーク。移住して間もない人や、子育て真っ最中のパパママ、そして「地域のなかでつながりを持ちたいけれどきっかけがない…」「ちょっとした買い物や急な送迎ができず困ったことがある…」などといった思いを抱く老若男女のためのコミュニティ&ネットワークです。

「ついでネット佐久」はいわゆるサービス事業ではありません。お互いが心身ともにゆたかで健康的な生活を送れるよう、あるときはじぶんがだれかを助け、あるときはだれかに助けてもらえる、そんな関係づくりを目指してつくられた任意団体です。顔の見える関係をつくるために毎月交流会を実施し、困りごとが発生したときは「ついでネットメーリス」という会員メーリングリストを使用して依頼します。会員は無理のない範囲で引き受けられるときは返信します。ついでネットは依頼人と引受人を区別していませんので、その時に応じてどちらにもなれます。(ついでネット佐久・高木武人さん)

2019年春からスタートさせるために、まずは設立準備メンバーによる利用説明会(30分)を設け、その理念に共感できた場合には、その後に設立総会が予定されており、入会の申し込みもできます(もちろん後日でも入会可能)。※予約不要  ※3月末までに申し込みの場合は年会費無料
①「ついでネット佐久」利用説明会(10:30〜11:00)
本活動について気になっている人や入会を迷っている人、参加希望の人などに向けて、詳しい活動内容の説明を行います。
②「ついでネット佐久」設立総会(11:00〜12:00)
当日の説明会を聞くなどして入会を希望された人と、すでに試験運用会員になっている人が集まり、設立総会を

できたてホヤホヤの団体なので、これから皆さんのお知恵をいただいてさまざまな活動を展開していけたらと思っています。ご参加お待ちしています。(設立準備会)

《「ついでネット佐久」概要(パンフレットより)》
「ついでネット佐久」
ついでネットとは「ついで」を合言葉に、小さな困りごとをたすけあうコミュニティ&ネットワークです。誰もが主役になれます。
〔目指すところは?〕
ついでネットは、いろんな人とのコミニュケーションを楽しみながら、気軽にたすけあえる関係の構築を目指します。
〔活動の流れ〕
①つながる:入会希望受付を済ませたら「ついでネット交流会」に参加して、いろんな人との交流を深めよう。
②たすかる:困りごとが発生したら、ついでネットで気軽に頼んでみよう。「誰か買い物に行ってきてくれないかしら?」「駅やバス停まで誰か送ってくれないかなぁ」「イベントの手伝いをしてくれる人、いないかなぁ」「スマホにしたけど使い方がよくわからないなぁ」などなど。
③ひろがる:今度は自分のできることを伝えてみよう。メールで届いたお願いごとに応えることができるようであれば引き受けよう。
〔利用にかかる費用〕
年度ごと1,000円(会費650円+ボランティア活動保険350円)※交流会参加費(1回300円程度)
◎3月までは試験運用のため会費0円

詳しくはFacebook → コチラ

「ついでネット佐久」利用説明会&設立総会
  • 【日時】
    • 2019年 3月4日(月)  10:30〜12:15
  • 【参加費】
    • 無料 ※予約不要
  • 【会場】
    • 桜ヶ丘地域ふれあいセンター(長野県佐久市協和5254-1)
  • 【入会受付・問い合わせ】
    • email hidden; JavaScript is required(事務局・丸角さん)

*「ついでネット佐久」のなりたちや理念に関しては、同日9:30〜同会場で行われる「地域おこし協力隊 最終年度報告会」で聞くことができます。→ コチラ