トップ >

自然あふれる信州での教育の魅力を伝える講演会『〜元楽天の副社長が語る〜僕が幼少中の混在校を作る理由』開催! @上田市西部公民館 1/20

公開: / 文責:

上田市で、パパカレッジ上田 講演会『〜元楽天の副社長が語る〜僕が幼少中の混在校を作る理由』が開催されます。講師は、元楽天の副社長で、現在は一般社団法人軽井沢風腰学園設立準備財団理事長の本城慎之介さんです。

本城さんは、楽天退任後、「教育」をテーマに活動を始め、2009年より軽井沢町で野外保育・信州型自然保育の運営と保育に携わりました。現在、幼少中の一貫校「軽井沢風越学園」の2020年4月の開校を目指して準備を進めています(詳しくは → コチラ)。本講演会では、自然あふれる信州での教育の魅力、信州型自然保育の実践談、パパ目線や経営者目線での教育についてお話しします。
自然保育施設「森のようちえん ちいろば」のある佐久穂町では2019年4月に、オランダで普及していて「個を尊重する」イエナプランに基づく「大日向小学校」が開校することが決定している(ホームページ → コチラ)など、信州の教育環境が今、と〜っても気になる状況になっているだけに、本講演は、まさにタイムリーだと思います。

《本城慎之介さんプロフィール》
1972年、北海道生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学院在学中の1997年に三木谷浩史と共に楽天株式会社を創業し、取締役副社長を務める。2002年に退任後、株式会社音別を設立し、「教育」をテーマに活動を始める。横浜市立東山田中学校長(2005年4月〜2007年3月)や学校法人東京女学館理事(2007年〜2014年)を歴任するなど、現場と経営の視点で教育に取り組んでいる。2009年より軽井沢町で野外保育・信州型自然保育の運営と保育に携わる。2016年6月から岩瀬、苫野と共に学校設立に向けて活動を開始。2016年12月に一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団を設立し、理事長に就任する。2018年10月から軽井沢町教育委員会委員就任。高1、中3、中1、小5、小1の5児の父。2009年より軽井沢町在住。

詳しくはFacebook → コチラ

講演会『〜元楽天の副社長が語る〜僕が幼少中の混在校を作る理由』
  • 【日時】
    • 2019年1月20日(日) 10:00~12:00(開場9:30)
  • 【 参加費】
    • 入場無料
  • 【定員】
    • 100名
  • 【会場】
    • 上田市西部公民館(長野県上田市常磐城5-4-34)
  • 【問い合わせ】
    • TEL.090-1802-0281(木口さん)
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required