トップ >

山元加津子さん講演会 & 上映会は、奇跡的な好天のなか無事に終了! 充実と共に幸せな時間が流れました in 長野市飯綱 9/30

公開: / 文責:

【リラクオーレ通信】ご報告と御礼
9月30日(日)、長野市飯綱で企画させていただいた「かっこちゃんこと山元加津子さん講演会 &『銀河の雫』『1/4の奇跡』上映会〜みんな理由があって生まれてきた!」は、盛況のうちに終了することができました。
ご来場いただいた皆さん、後援・協賛いただいた皆さん、スタッフに協力いただいた皆さん、そして、SNSや口コミなどで陰ながら応援いただいた大勢の皆さん、本当にありがとうございました。
なんと、台風までもが協力してくれて、昼間は奇跡的に雨は降らず、まだ、紅葉には、ちょっと早い飯綱でしたが、眼下には遠くの稜線に白い雲が横一直線に浮かぶ幻想的な風景が広がって、講師のかっこちゃんこと山元加津子さんも喜んでいらっしゃいました。

朝、会場のホテルアルカディアにはお客様が続々といらっしゃって、10:45〜上映開始。『銀河の雫』『1/4の奇跡』の2本立上映は、お昼をはさんで15:00まで続きましたが、皆、熱心に、ときには涙を流しながらスクリーンに見入っていましたが、長時間の鑑賞に、ちょっとお疲れ気味!?
でも、15:30〜の講演会にかっこちゃんが登場すると、その空気も一変。かっこちゃんという生身の人間のすべて〜何にでも一生懸命で、自分より他人を思いやり、ピュアがゆえに、ちょっと天然なキャラクター〜をストレートに話す姿に、皆が引き込まれ、まさに「かっこちゃんワールド」とも言える魅惑的な時間はあっという間に過ぎましたが、その充実感たるや、ここにこうしていられることの幸せを皆が感じていました。

私自身、その一人ではありましたが、実は会場の都合で、講演台とパソコンを映すスクリーンがかなり離れていたんです。なので、パソコン操作のためにかっこちゃんは演台とパソコンの間を何度も走って行き来するはめに。講演中に会場内を駆け回る講師なんて初めてだったので、その一生懸命の姿はかなり印象的でした。
何より障がいや福祉といった重いテーマなのに、何度となく大きな笑いが湧き上がるという、これまた異例な講演会。でも、その話は机上の空論ではなく、かっこちゃん自らが長年にわたって経験してきたことに基づく心の声だけに、事の本質を伝え、説得力を持って皆の胸に響いたことでしょう。そして、その一人ひとりの笑顔が明るい未来を映しているようにも感じました。

山元加津子さん、お疲れさまでございました。そして心より感謝申し上げます。山本さんは、その日、飯綱に宿泊されましたが、信州を楽しんでいただけましたでしょうか。
講演でもお話しがあった、病気や事故のために意識がない状態の人たちが意思を伝えられるようになるための支援活動『白雪姫プロジェクト』についても、また改めて、当サイトにてご紹介したいと思います。

講演会終了語に早速、「私たちの地域でも、かっこちゃんをお呼びしたい」という声が寄せられています。是非是非また、こんな幸せな時間を実現できたらと思いますので、その際はよろしくお願い申し上げます。