トップ >

【上田映劇情報】自然エネルギーによる地域再生を通して、これからの時代の豊かさとは何かを考えるドキュメンタリー映画『おだやかな革命』上映中!〜9/14

公開: / 文責:

【上映中の映画】『おだやかな革命』[2017年/日本/100分]
「それは、もう始まっている。しなやかに生きるために」。自然エネルギーによる地域再生、これからの時代の「豊かさ」を巡る物語。上田映劇では、『理想の地域・まちを考える』シリーズの一つとして上映します。
[解説・あらすじ]
過疎化や高齢化など多くの課題を抱えた地域で、これからの暮らしを自分たちの手で作り出し、本当の豊かさを取り戻していく人々の姿を描いたドキュメンタリー。監督は、在来作物をテーマにした『よみがえりのレシピ』の渡辺智史。原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力、放射能汚染によって居住制限区域となった飯舘村で畜産農家が立ち上げた飯舘電力、集落の存続のために100世帯全戸が出資した岐阜県郡上市・石徹白の小水力事業のほか秋田県にかほ市、岡山県西粟倉といった地域のエネルギー革命で暮らしを取り戻す5つの物語で構成されています。これらの地域では、メガソーラーではなく、小さくとも地域のチカラで地域に役に立つ自然エネルギーを生み出しています。それぞれの「暮らしの選択」の先にある生きがいや喜びに満ちた暮らしを通して、現代社会が見失った「豊かさ」とは何か、お金やモノに振り回されずに、これからの時代の豊かさとは何かを考える再生と創造の物語です。
監督・編集: 渡辺智史/ナレーション: 鶴田真由
© 有限責任事業組合 いでは堂. All Rights Reserved
[監督:渡辺智史(わたなべさとし)プロフィール]
山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。卒業後上京、ドキュメンタリー映像制作に従事する。2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。同映画は香港国際映画祭、ハワイ国際映画祭に招待される。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求している。有限責任事業組合いでは堂、共同代表。
詳しくは公式ホームページ → コチラ

■渡辺監督の舞台挨拶 & 交流会
◎渡辺監督の舞台挨拶が9月8日(土)の10:30からの上映終了後にあります。
◎監督との交流会が9月8日(土)の18:00〜「Book & Cafe NABO」(常田2丁目)であります。
「映像を流しながら、ローカルで映画をつくることの魅力を語る60分」& 交流会
参加費:1ドリンクオーダー
予約・問い合わせ:080-5146-9937(藤川)※当日、予約なしでも参加できるが定員は10名

『理想の地域・まちを考える』シリーズ
・ほたるの川のまもりびと  〜9/14
・ジェインジェイコブズ〜ニューヨーク都市計画革命〜  9/15〜

『おだやかな革命』上映
  • 【日程】
    • 2018年9月1日(土)〜14日(金)  ※10日は休館
  • 【時間】
    • 6・7日 ①14:05〜15:45/8日 10:30〜12:10 ※上映後舞台挨拶/9〜14日 13:20〜15:00
  • 【料金】
    • 一般1,800円/大学生1,500円/小〜高校生1,000円/シニア(60歳以上)1,100円/幼児(3歳以上)900円/レディーズデー(毎週水曜)1,100円/メンズデー(毎週木曜)1,200円/リピーター割引(1,800円か1,500円の半券持参)/夫婦50割(どちらか一名が50歳以上)/ファーストデー(毎月1日)1,100円/障がい者割引(手帳提示)1,000円)
  • 【会場】
    • 上田映劇(長野県上田市中央2-12-30)
  • 【上田映劇Facebook】
  • 【問い合わせ】
    • TEL.0268-22-0269