トップ >

読書の森25周年記念『カンタ!ティモール』上映会&監督・広田奈津子トークショー&バザール&直井保彦写真展開催! in 小諸 5/4

公開: / 文責:
小諸市にある「茶房 読者の森」さんが開店25周年を迎えられます。おめでとうございます。それを記念するイベントの第一弾として、ゴールデンウィークの5月4日に映画『カンタ!ティモール』上映会&監督・広田奈津子さんのトークショー&チャリティバザールが開催され、スチル写真を担当した上田市在住の写真家家・直井安彦さんの写真展も1か月間、開催されます。
◾上映&トークショー(5月4日 18:30〜)
この映画は、東南アジアの小国・東ティモール共和国が隣国インドネシアから独立するまでの歴史を追った音楽ドキュメンタリーです。東ティモール共和国は、インドネシア領に属する東インド諸島の最東部にあるティモール島のうちのさらに東半分のエリアで、映画はまさにその独立に関わる苦難の途を描いています。

その壮絶な内容とは裏腹に映画は、南海の美しい空と大地に響き渡る子供たちの明るい歌声、楽しい水遊びで始まります。美しい子供たちの歌声は多くの箇所に散りばめられていて、これが映画の印象を美しいものにしていますが、東ティモールの人々は、インドネシア軍から残虐な弾圧を受けながら、音楽と愛によって耐え、独立を果たしたのです。怒りを怒りで返すのではなく、人々の心に寄り添ったのは歌や音楽だったことを映画は表現しています。

映画の内容は、正直悲惨で、時に信じ難いようなものも多くあります。しかし、「恨みに報いるに徳を持ってす」という老子の教えを思い出させる東ティモールの人々の思いの総体が上映後の印象をば、切ないけれども美しいものにしています。その意味でこの映画は私たち一人一人の生き方をより真摯で美しいものにしていこうという意欲を掻き立ててくれる不思議な力を持っていると言えるでしょう。決して大げさでなく、皆さんの人生の中で見ておくべき一作であると信じています。(読者の森・依田雄さん)
『カンタ!ティモール』[110分/カラー・ステレオ]
シナリオ/編集/監督:広田奈津子(ひろたなつこ)
1979年、愛知生まれ。南山大学スペイン語科卒。環太平洋の先住民に関心を寄せるうちに、東ティモールに出会う。2002年に同国を訪れ、アレックスの歌を耳にする。2003年、再びアレックスに会い、彼の歌を追いかけた旅が本作品となった。初作品。
◾チャリティーバザール&ジャンベワークショップ(5月4日 14:00〜)
映画上映前にバザール&ワークショップを開催します。古道具から雑貨、飲食店もあります。売り上げの一部を広田監督に渡し、東ティモールに寄与します。
〈ジャンベワークショップ〉信州音あそびの会
◾直井保彦写真展(4月28日〜5月27日)
監督の広田奈津子さんのお兄さんで、映画のスチル写真を担当した上田市在住の写真家・直井保彦さんの写真展が、茶房 読者の森のギャラリー「ももも」が開催されます。
詳しくはFacebook → コチラ
『カンタ!ティモール』上映会&監督トークショー&チャリティバザール&直井保彦写真展
  • 【日程】
    • 2018年5月4日(金)
  • 【入場料】
    • 1,500 円(小学生無料)
  • 【会場】
    • Guest house &茶房 読書の森 (長野県小諸市大字山浦5179-1)
  • 【予約・問い合わせ】
    • TEL.0267-25-6393
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required
    • 読書の森Facebook → コチラ