トップ >

地球の美しい映像と音楽と多様な人の声で、地球の未来を見つめる「プラネタリー上映会 in 安曇野」開催! @シャロムヒュッテ 8/15

公開: / 文責:

自然の循環に寄り添い持続可能な生活を目指している長野県安曇野市の宿泊&カフェ「シャロムヒュッテ」で、『プラネタリー上映会 in 安曇野』が開催されます。(要予約)
2015年にアメリカで制作された映画『プラネタリー』は、地球の美しい映像と音楽とともに、 宇宙飛行士や詩人、デザイナー、チベット民族リーダー、禅僧など多様な人たちの地球という惑星についての声を届けます。「地球に人類が住み続けるために、いま人類の物語(生き方)を見つめ直すとき」なのだと。

息をするのを忘れるくらい優雅で美しい地球の映像。そんな壮大なHOME🌎に生きる私たちは、多様な生命が織りなす大自然から、切り離した生き方を選び、それは地球にとって最大の深い傷となり、わたしたち人間にとっても繋がりがバラバラにほどかれ孤独に苛まれて。それでもなお、地球は優しく深い呼吸で語りかけてくれ、私たちに繋がりと深い愛を届けてくれて。そんな壮大な世界観を五感で感じる映画。
字幕で紡がれる言葉は、優しく深く響きます。日本語版の為に字幕付け作業をされた塚田 康盛さん、齋藤由香さんに感謝を込めて。(Facebookより)

【映画プラネタリー製作者からのメッセージ】
私たちは地球規模の危機の最中にあります。全ての生命はつながりあっているという否定し難い真実を私たちは忘れてしまったのです。 プラネタリーは未来を見通し、警鐘を鳴らします。地球上の大陸の美しさに目をやりつつ、私たちの宇宙的起源や未来の姿へと私たちの想像力を喚起し、現代主流となっている視点を今こそ転換する時であることを詩的に、そして静かに語りかけます。自分たちが何者であるのか、お互いとの関係や世界との関係を振り返り、自分たちもまた地球の一部である事を思い出してもらえれば幸いです。
■映画『プラネタリー』
上映時間:80分/日本語字幕版制作チーム:ショーン・ケリー 教授、齋藤由香 、塚田康盛

映画について詳しくは日本語WEBサイト → コチラ
上映会の詳細はFacebook → コチラ

プラネタリー上映会 in 安曇野
  • 【日時 】
    • 2017年8月15日(火)
  • 【時間】
    • 〈1回目 午前の部〉11:15〜12:40(入場11:00)
    • 〈2回目 午後の部〉14:15〜15:40(入場14:00)
    • ◆ 上映後、午前の部はランチを食べながらシェアリング。午後の部は上映後、映画にも出演しているジョアンナ・メイシーのつながりを取り戻すワークでより豊かなシェアの時間を行います。
  • 【参加費 】
    • ドネーション(寄付制)
  • 【定員】
    • 午前・午後:各20名
  • 【会場】
    • シャロムヒュッテ(長野県安曇野市穂高有明豊里7958-4)※最寄駅:JR大糸線「穂高駅」
  • 【申込受付】
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required(担当・奥川さん)
    • TEL.080-3749-7705(担当・飯島さん)
    • 下記を連絡
    • ①参加時間 ②食事希望 有無(午前の部のみ)③穂高駅〜シャロムヒュッテ送迎希望有無 ④名前・連絡先(メールアドレス、電話番号)