トップ >

劇団モカイコZ新作公演『維新怪奇譚 竜と怪物』上演! え? 坂本龍馬が人造人間!? in 上田市 9/17・18 in 松本市 10/1・2

更新: / 公開: 2016年9月7日 / 文責:

竜12013年に上田市で旗揚げされた「劇団モカイコZ」の新作公演『維新怪奇譚 竜と怪物』が、海野町商店街にできる、まちの文化施設「犀の角」のオープニング記念イベント「第0回うえだ街中演劇祭」の第一弾として上田市で、その後、松本市で上演されます。

忍者、魔女、アイドル、タイムトラベルなど様々なモチーフを扱ってきた劇団モカイコZの作品には一貫して人間愛が垣間見え、ストーリー性の高い脚本と生きた言葉をテンポ良く紡いでいく演出は時に心地良く、時に共感を呼び、時に衝撃を与えます。

今回の作品は、旗揚げ公演以来の時代物にして幕末物、幕末といえば坂本龍馬。でも、モカイコZにかかれば、そんじょそこらの物語では終わりません。なんと、「坂本龍馬 × 人造人間」、怪物・竜馬!

以下、フライヤーより——

竜2【STORY】 「この手で何を成すべきか。」とある十一月の侘しい夜。世に生を得たのは死人の手足をツギハギして造られた怪物・竜馬。土佐から脱走した竜馬は動乱の都で人間の言葉と心と剣を覚える。守るべき存在を手に入れ斬るべき敵と出会ったとき、握りしめた刀は怪物の牙となる。強く、もっと強く、純粋すぎる欲望は自分を変貌させ、やがて時代の大きな歪みを生み出していくのだった。

虚実混然の物語では、模造刀などの道具は一切使わず、すべてのアクションシーンを役者の身体一つで体現する大胆な手法に挑戦するそうです。

坂本龍馬が嫌いだ。 と言えるほど彼とは親しい間柄ではないが、やはりそこまで魅力的には思えない。それは多分、伝えられる生き様から散り際までが小説のように劇的で整いすぎているから。本当にそんな人がいたのだろうかと疑いたくなるほど完璧な存在。どうも彼には人間味を感じないのだ。
この際、そんな出来過ぎた幕末の英雄像をぶち壊してしまおうと思った。そうして生まれたのが、維新怪奇譚『竜と怪物』だ。
主人公の竜馬は人造人間だし、剣術道場では腕相撲の練習をしてるし、そもそも時代物なのに刀使わないし、でも殺陣はあるしで、こう改めて書くとめちゃくちゃだが、不思議なことにそれがまかり通ってしまうから芝居はおもしろい。ありえねーけど、これは紛れもなく“竜馬の物語”である。
余談だが、今年は『竜馬がゆく』の著者で歴史作家の司馬遼太郎没後20年で、来年は坂本龍馬没後150年なんだそうだ。こんな出来過ぎた偶然にも、なにかあると思わざるをえない。
劇団モカイコZが過去最高の熱量で斬り込む意欲作、どうか劇場で見届けていただきたい。(代表・篠原拓夢)

■維新怪奇譚 竜と怪物
【作・演出】篠原拓夢
【出演】早渡知利/奥堀まゆ/篠原拓夢/バイオ手塚/フランキー山本(Wキャスト:上田公演)/加藤亜紀歩(Wキャスト:松本公演)/有賀慎之助/沓掛亜梨紗

犀の角なお、会場の「犀の角」は、海野町商店街の東寄り旧ハルタだった店舗をリノベーションした民間の文化施設。演劇・舞踊・音楽・アートなどさまざまな表現活動と交流の場としてオープンします。

劇団モカイコZ公演『維新怪奇譚 竜と怪物』
  • 【チケット料金】
    • 前売:2,000円/当日:2,500円/小学生〜大学生・専門学生・大学院生:1,000円  ≪全席自由≫ ※受付開始・当日券販売は開演60分前〜、開場は30分前
  • ★上田公演
  • 【日時】
    • 2016年9月17日(土)  ①14:00〜  ②20:00〜
    •        18日(日)  ①14:00〜
  • 【会場】
    • 犀の角(長野県上田市中央2-11-20)TEL.0268-71-5221
  • ★松本公演
  • 【日時】
    • 2016年10月1日(土)  20:00〜
    •                    2日(日)  14:00〜
  • 【会場】
    • ピカデリーホール(長野県松本市大手4-7-2)

【チケット購入方法】
①専用予約フォームで予約
▽上田公演  https://www.quartet-online.net/ticket/ryu-kaibutu_ueda
▽松本公演  https://www.quartet-online.net/ticket/ryu-kaibutu_matumoto
②メールで予約
email hidden; JavaScript is required に、名前・希望日時・チケット種類と枚数を記入して送信

【問い合わせ】
TEL.090-9668-2503(制作部:伊藤さん)
e-mail:email hidden; JavaScript is required

☆「第0回うえだ街中演劇祭」以後の予定
●10月1日(土)・2日(日)
このしたposition!!(京都市・津市)『人間そっくり』(作:安部公房 構成:油田晃 演出:山口浩章)
⚫︎10月7日(金)・8日(土)
青年団リンクRoMT(東京都)『ギャンブラーのための終活入門』(演出:田野邦彦 出演:太田宏)
⚫︎10月14日(金)~16日(日)
百景社(土浦市)『走れメロス』(作:太宰治 演出:志賀亮史 出演:栗山辰徳)