トップ >

【うつわの店 醉器の作家さん通信】陶磁器を夫婦で作陶する陶房 風遊舎。ファンタジックな可愛いオブジェが素敵 in 軽井沢

更新: / 公開: 2016年11月14日 / 文責:

image軽井沢銀座の先にある「うつわの店 醉器」さんで取り扱いを始めた新しい作家さんのご紹介です。

image今回は、御代田町の「陶房 風遊舎」さん。伊藤博さん・月
image江さん
ご夫妻が作陶しています。

浅間山を一望できる最高の景色の場所に、自分たちの手で建てた素敵な工房で作られている陶器は、シンプルな
がら温かみを感じさせるデザインで、磁器は透き通るような白でユニークなデザインです

そしてそして、奥様の月江さんは、物語の世界を表現した、とても可愛いオブジェも創作しているんです。

その一つが“pumpkin house”。ファンタジーのストーリーにでも出てきそうなか可愛いカボチャの形をした家です。ストーブもあり、ロフトにはベッドもあって楽しそうです。いろんな窓からなかを覗いてみたくなりますよ。※幅:約32cm、奥行き:約31cm、高さ:約27cm、重さ:約4.4kg

もう一つが“oka no ue cafe”。メルヘンの世界にあるカフェです。なかには椅子やテーブル、その上に小さなカップ。LEDの灯りがともる夜は、どんなゲストが訪れるのでしょう。※幅:約26cm、奥行き:約25cm、高さ:約25cm、重さ:約3.6kg

いずれも照明器具が付属しているので、夜になると、とても素敵です。→ 詳しくはコチラ

■プロフィール
  • 伊藤博 – Hiroshi Itoh – さん
    • 1953 東京に生まれる
    • 1978 茨城県益子にて独立
    • 1983 長野県北佐久郡御代田町児玉に築窯(陶房 風遊舎)
    • 1997 同町面替に移築し今に至る
  • 伊藤月江 – Tsukie Itoh – さん
    • 1972 故 松田冨彌氏、松田百合子氏に師事
    • 1977 あべ工房(東京福生市)に勤務
    • 1983 長野県北佐久郡御代田町児玉に築窯(陶房 風遊舎)
    • 1997 同町面替に移築し今に至る
    • 2003 陶芸財団展 陶芸美術館賞受賞

 

うつわの店 醉器