トップ >

【特集】新たに参加していただいた「リラクオーレな人々」をご紹介いたします!2011年冬版

更新: / 公開: 2011年2月15日 ( ※ 古い情報です ) / 文責:

リラクオーレのWebサイトがオープンしてから約半年が過ぎました。その間、たくさんの素敵な方々との出会いがあり、リラクオーレに参加していただくことが出来ました。ここで、その感謝の気持ちと共に、読者の皆さんと今一度、新しい「リラクオーレな人々」の想いを分け合いたいと思います!

宅幼老所「岩井屋」:野菜がもたらすお年寄りと障害者・児の笑顔(長野県東御市)

宅幼老所「岩井屋」

東御市田中に明治時代から建つ町屋風の古民家があります。ここが、NPO法人・普通の暮らし研究所の宅幼老所「岩井屋」さんです。

抹茶処「百余亭」:一服のお茶に心がなごみ、優しい時間が流れる(長野県上田市)

百余亭

上田城跡公園の北の出口、いわゆる北虎口を出た所、児童遊園地の隣にある抹茶処「百余亭」。
趣のある文字の木の看板がかかる落ち着いた佇まいの建物の入口を入ると、優しい香りが迎えてくれます。

スターグリル:森の宝物キノコのソテーとクルミ・高原キャベツを練りこんだ軽井沢ハンバーグ(長野県軽井沢町)

スターグリル

軽井沢ハンバーグが評判のプリンス通りにあるカジュアル・レストラン。シェフの内堀さんは、知る人ぞ知るキノコ料理研究家。キノコの魅力と奥深さを堪能できます。
(2011年3月末まで休業中です。)

カフェ&ワイナリー・たてしなップル:自然な味のりんごのシャンパン「シードル」と、そば粉のクレープ「ガレット」は幸福のマリアージュ(長野県立科町)

たてしなップル

国道142号線沿い「茂田井」信号そばに、赤と緑の大きな看板とりんごのオブジェが目印のショップがあります。ここで、ぜひ味わいたいのがりんごのシャンパン「シードル」です。


ひしの直売所 : 食べてびっくり!ピーマンでも、ししとうでもない、小諸菱平の伝統野菜「ひしの南蛮」。(長野県小諸市)

ひしの直売所

最近のスーパーで野菜を見ても、その姿かたちはだいたい決まっています。でも昔は大根ひとつとっても、きゅうりにしてもその土地土地にあった、大きさも味もそれぞれ個性ある野菜が存在していたというのですから驚きです。

そんな伝統野菜のひとつ、ひしの南蛮を紹介したいと思います。

スタジオM:住空間のイメージから始める家づくり。個性に合わせたオリジナル家具(長野県御代田町)

スタジオM

浅間山の雄姿を望むスタジオMさんの工房にうかがうと、温もりのある木の小物たちが迎えてくれました。ショールームには、無垢のテーブルや椅子、造作のキッチンなどが並んでいます。自分たちで製作したという事務所スペースの家具もとても使いやすそうです。

おうがにっく かふぇ cococala (ここから):心と身体に優しい森の中の自然食カフェ。元気な声が響くキッズルーム(長野県東御市)

cococala

湯の丸高原へ向かう道からそれて、細い道を上っていった森の中にあるcococala(ここから)さんを訪ねると、イエローとダークブラウンのウッデイなお店が迎えてくれました。風にそよぐ木々のざわめき、庭には季節の花が咲き、虫たちが集まる、まさに自然に包まれた憩いの場所です。

スキー学校 Schneider Sports Net:雪山の新しいワクワクを発見! 親子の思い出づくりを応援(長野県菅平高原)

Schneider Sports Net

訪れた日の菅平高原シュナイダーゲレンデは、雲ひとつない青空とキラキラ光る真っ白な雪という最高のスキー日和でした。雄大な自然の真っ只中にいる、こんなに気持ちいい経験はなかなか普段はできません。

これからも皆さんの「明日へ続く、心豊かな暮らし方」へのヒントとなるような情報を発信していきますのでお楽しみに!