トップ >

【横濱倶楽部通信】横浜と信州の絆が深まった喫茶・カフェ・レストランフェア

更新: / 公開: 2011年11月4日 ( ※ 古い情報です ) / 文責:

去る10月19日(水)・20日(木) に横浜産貿ホール1階マリネリアで行われた「喫茶・カフェレストランフェア」の様子をご報告します。











飲食業に関する食材や食器、おしぼり等の製品展示販売会として40回を重ねる歴史ある催事ですが、今年は、信州は長野県からも特産品や物産の出展があり、野菜や果物、おやきなどの試飲・試食・即売がされました。

横濱倶楽部の皆さんも、白いおそろいのハッピに身を包み、お客さまの応対に奮闘していらっしゃいました。

長野県から参加したのは、
JA中野市/東御市振興公社(おらほビール)/信州ハム㈱(グリーンマーク・シリーズ他)/たてしなップル(シードル、りんごジュース他)/㈲田舎工房(米粉のおやき“あんぼ”他)/農業青年グループ・南信州かたつむりの会

また、横濱倶楽部さんからの参加は、
㈲キョーエーテック/精工建設㈱/㈱久保田酒店/㈱東京カレン/エスプランニング/㈱ダイス 他

一般公開されているとはいえ、業界内の催事ですから、押すな押すなの賑わいではありませんでしたが、食に関心の高い方が訪れて、各ブースで熱心に話を聞いている姿が見られ、横浜と信州の絆がいっそう強くなったのではないかと思います。

今後は、長野県立科町で、横浜祭りのようなものの企画も進行しているとか。楽しみですね。