トップ >

個性的で魅力ある陶磁器や漆器がそろう“うつわの店 醉器”さんが「追分油や店」をオープン in 軽井沢 4/23〜10/31

公開: / 文責:

油や1軽井沢町は旧軽銀座通りの先にある個性的で魅力ある陶磁器や漆器がそろう「うつわの店 醉器」さんが、追分の旧中山道沿いにある「信濃追分文化磁場 油や」の一室に追分油や店を出店されています(4月23日〜10月31日の期間)。

追分3「油屋」は中山道・追分宿で脇本陣をつとめた由緒ある旅籠であり、昭和になってからは堀辰雄・立原道造・加藤周一に代表される文士たちが執筆に利用した宿として、多くの作品の舞台となりました。「油や」は、そんな由緒ある建物を整備し、文化的活動(本・アートクラフトなど)の拠点としようというものです。

醉器さんは、その1F「油や回廊」と呼ばれる、古本、音楽、古美術、絵画、クラフトが集まる空間の一室に出店しています。

旧軽井沢の店は、これまで通り酒器を核とした品ぞろえをしていますが、油やは、もっと幅広くお皿や茶碗など、女性の皆さんにも親しみやすく喜んでいただけるようなお店を目指しています。(店主・二宮さん)

と言うように、ゆったりとしたスペースに、いろいろな種類の器が並んでいて、見ているだけでも楽しくなっちゃいます。是非お立ち寄りください。

うつわの店 醉器・追分油や店
  • 【営業日】
    • 4月23日(土)〜10月31日(月)  ※休業日
  • 【時間】
    • 11:00 〜 17:00
  • 【定休日】
    • 火・水曜日 ※夏季(7/16~9/1)無休、冬季(11/4~春)休業
  • 【場所】
    • 長野県軽井沢町追分607
  • 【問い合わせ】
    • TEL.0267-31-6511