トップ >

サーフミュージック、パワフル女性シンガー、吟遊ソングライターなどが集う春の野外音楽イベント「野音しののい」開催! in 長野市篠ノ井 4/16

公開: / 文責:

長野市篠ノ井にある「アスペースしののい中央パーキング2F」で、初の野外音楽イベント「野音しののい」が開催されます。
上田市の吟遊シンガーソングライター峰村慶太朗さんのほか、県外からサーフミュージック、パワフルな女性シンガーなど3組のミュージシャンが集います。チケットは限定100枚とのことですので、これは! と思った人はお早めに。

【出演アーティスト】
●KEISON
静岡出身。その後、海外からも押し寄せるアコースティックサーフミュージックシーンの先駆けとして2000年3月シングル「Fine」でメジャーデビュー。7サーフボードとギターを積んだ旅を続け、独自の世界観と唯一無比のヴォーカルでファンを魅了し続けている。まさか篠ノ井にKEISONが来るなんて!
●CHAN-MIKA
横浜出身の女性シンガー。Clubカルチャーに触れ歌いはじめる。ソウル、ジャズ、レゲエの生音に魅了されBAND活動する一方、様々なセッションを重ね作詞、作曲、歌唱、オリジナリティーを探求していく。鎮座DOPENESS&DOPINGBANDに加入。パワフルなライブ・パフォーマンスも評価を受けており、暖かみのあるファンシーなハスキーボイスと度肝を抜くファンキー吟遊なパフォーマンスはステージを選ばずオーディエンスを取り込み、揺らしている。
●金佑龍(キムウリョン)
K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する吟遊詩人。2002年cutman-boocheを結成。2011年解散までに数々の作品をリリースし、FUJI ROCK FESTIVALをはじめ数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。cutman-boocheを解散後、ギター片手に日本中旅をする。ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニック、サーフミュージック経由の音遊び、その隙間に入り込むループサンプリングに、人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。
●峰村慶太朗
信州上田発、路上の吟遊シンガーソングライター。ドレミ知らずなギターの音色、折れ鼻にかかるファルセット。厚い雲の隙間、一点の晴れ間目指し、目覚めの唄、うたいます。ずっと先まで。

◎FOOD&DRINKブースあり!

野音しののい
  • 【日時】
    • 2017年4月16日(日) 12:30〜18:30
  • 【料金】
    • 前売:3,500円/当日:3,800円
  • 【定員】
    • 100名
  • 【会場】
    • アスペースしののい中央パーキング2F(長野県長野市篠ノ井布施高田815-1)
    • ※雨天の場合、同スペース内の屋内施設にて開催
  • 【駐車場】
    • 会場1F(30分100円)
  • 【チケット販売】
    • Hairshop Cheerio/太陽/SOBA×CAFÉ EN
  • 【予約・問い合わせ】
    • TEL026-274-5137(SOBA×CAFE ENさん)