トップ >

地域の多様性を生かしたエネルギー循環の可能性を探る「上田地域 木質バイオマス講演会~欧州と東信地域~」開催! @信州大学繊維学部 in 上田市 2/3

更新: / 公開: 2017年1月25日 / 文責:

飯田哲也上田市の信州大学繊維学部において、「上田地域 木質バイオマス講演会~欧州と東信地域~」が開催されます。
上田市の薪ストーブ販売ヤマショーさん代表の山口長武さんも登壇します。

上田地域は自然に溢れた山林に囲まれ、農地も多く、さらに新幹線の停車駅がある都市でもあります。この地域の多様性を生かしたエネルギーの循環の可能性は非常に大きいです。太陽光、小水力、そして木質バイオマス。世界にはばたく自然エネルギー地域を目指して、まずは欧州の最新事例を聞きながら、上田のいま、始められることを具体的に提案していく機会をもうけました。(フライヤーより)

自然エネルギーの日本の第一人者であり、信州とのつながりも深い飯田哲也さんを迎え、また上田地域で活躍中の木質バイオマス事業の事例を紹介しあいながら、その出発点を探ります。

【内容】
①講演会「欧州の第4世代地域熱供給、欧州熱ロードマップ(仮)」
飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所ISEP所長)
1959年、山口県生まれ。自然エネルギー政策では国内外で第一人者として知られ、先進的かつ現実的な政策提言と積極的な活動や発言により、日本政府や東京都など地方自治体のエネルギー政策に大きな影響を与えている。自然エネルギー信州ネットの立ち上げや飯田市のおひさま進歩エネルギー株式会社の立ち上げにも積極的に関与。国際的にも豊富なネットワークを持ち、21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21)理事、世界バイオエネルギー協会理事、世界風力エネルギー協会理事なども務める。主著に『エネルギー進化論』(ちくま新書)、『エネルギー政策のイノベーション』(学芸出版社)、『北欧のエネルギーデモクラシー』など多数。(写真出典:オフィシャルホームページより)

②シンポジウム「上田地域のいまと今後に向けて~欧州の現状を受けて」
登壇者:飯田哲也さん、由井正隆さん(株式会社吉本代表)、山口長武さん(有限会社ヤマショー代表)、川田富夫さん(エコ屋・ごしょうらく、自然エネルギー上小ネット)、高橋伸英さん(信州大学繊維学部教授、NECO代表理事)

上田地域 木質バイオマス講演会~欧州と東信地域~
  • 【日時】
    • 2017年2月3日(金) 15:00~17:00(開場14:30)
  • 【参加料】
    • 無料
  • 【定員】
    • 30名 ※要予約 → コチラ 、または問い合わせ
  • 【会場】
    • 信州大学繊維学部講義棟11番教室(長野県上田市常田3-15-1)
  • 【主催】
    • 信州大学繊維学部/一般社団法人NECO(自然エネルギー共同設置推進機構)
  • 【後援・協力】
    • NPO法人上田市民エネルギー、株式会社ガリレオ
  • 【問い合わせ】
    • TEL.09099652374(浅輪さん)
    • E-mail:email hidden; JavaScript is required